「高1クライシス」という言葉を聞いたことがありますか?

高校へ入学したばかりの生徒が、学習や生活面での変化に適応できず、不登校になったり、退学したりしてしまう現象のことを指してそう呼びます。

それまで楽しく学校生活を送っていた明るい子でも、高校入学をきっかけに不登校になるというケースもあるようです。

「小1プロブレム」「中1ギャップ」などの言葉もあるように、新たな環境に身を置くタイミングでは子どもも不安を感じやすくストレスが大きいので、適応するまでに何かしらのトラブルが生じることが多いもの。

では、「高1」ならではの注意すべき点はあるのでしょうか。

「高1クライシス」の原因と、親の対処法について詳しくご紹介します。

大きな環境の変化がきっかけに?「高1クライシス」の原因

1:学区が広がり、通学時間も長くなる

中学まで地元の公立学校に通っていた子どもは、高校から学区が広がり、歩いて行ける距離にはない場所にある学校まで通うことになるケースが多いです。

そのため、通学に電車やバスを利用するなど、今までよりも通学時間が長くなります。朝と夕方の混雑する時間に公共交通機関を利用するのはそれだけで疲れますし、それまでになかった環境下でストレスがかかります。

中学校よりも授業数も増えて使う教材も増え、通学カバンの重みも増しています。重たいカバンを抱えて混雑した電車やバスで朝夕の往復は、それだけで疲れてしまい、気力が湧かなくなる原因になり得ます。

また、高校は部活動も本格化するため、部活に入っている子は帰りが遅くなることも多く、慣れるまでは通学が負担に感じることもあるでしょう。

2:人間関係が大きく変わる

学区が広がったことによるもうひとつ大きな変化が、中学までの固定化された人間関係ではなく、新たな人間関係を構築する必要があること。

中高一貫校に通っているのでなければ、大体の子どもは高校進学で今までの友達と離れるケースも多いのではないでしょうか。

こういった環境の大きな変化により、高校進学のタイミングでは特にストレスがかかります。周囲に顔見知りが少ない子ほど、新しい環境になじめるか不安を感じやすい時期でしょう。

3:授業についていけない、成績が上がらない

高校は自分のレベルに見合ったところを選んで、またはちょっと背伸びして受験勉強を頑張って入学するため、自分と学力レベルの差があまりない学生が集まっています。

そのため成績が上がりにくく下がりやすいことが多く、特に中学まで上位をキープしていた子であれば自信を喪失してしまうことも少なくありません。

学習の進度も早く、量も多いため、授業についていけなくなることも。そのことでやる気が削がれて高校生活への意欲を失うケースもあります。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます