教育費や老後など、家族のライフイベント資金について準備をしていきたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

本やインターネット、セミナーなどすでに情報収集されているかもしれませんが、自分に合ったお金の増やし方はどのように情報を組み合わせるかがコツになってきます。

日常生活ですぐにでも行動できる知識として、ご自身に当てはめて頂きながら読んで頂けたらと思います。

資金作りを“邪魔”する者たちを知っておく

お金についての判断をする際の心理的な罠は私たちの内面に潜んでいます。

誰しもが持っている色々なバイアスがあることを知っておくことで自分の対処法を身につける事ができるかもしれません。

一例として下記のようなものがあります。

お金が貯まらない人が克服したい2つの視点

『現状維持バイアス』

これは、「変化によって何かを失う危険を避けたい、知らないものより知っている方のものを好む。たとえ知らないものの方が優れているとしても現状のものを好む」という心理で日本人には多いそうです。

何かを保有すると、その価値を本来の価値よりも高く見積もり、手放す事に抵抗感を感じます。これは失敗したくないという心理が働くためです。

現在自分が保有しているものに高い価値を感じてしまう認知のバイアスもあり、これを「保有効果」と言います。たとえば株を買ったときよりも、高い値段で売ろうと考えてしまう心理などがそれにあたります。

いずれも心理的作用であり、誰しもが持っていますので悲観的になる必要はありませんが、新しく何かを導入する時はこのようなバイアスがあることを知った上で、専門的知識を取り入れること(専門家に相談し、データ比較などで変化によるメリットを知ること)、少額から始めてみるなどで現状維持バイアスが克服できます。

新しいものがより良い機能を持っていたとしたら、現状維持バイアスによって受け入れないでいると将来的に損を招いてしまいます。

預貯金は比較的短期間に使う可能性のあるお金の置き場所と考え、中長期的には積立投資を始めるなど自身の状況に合わせて使い分けましょう。

『メンタルアカウンティング:心の会計』

普段は1円でも安い品物を一生懸命に探すのに大きな買い物をするときは1万円程度の差は気にせず買ってしまうなど、皆さんにもこのような経験をされたことはあるのではないでしょうか?

同じ金銭価値なのに、状況によって価値の感じ方が変わってしまう。また新たに購入したモノによって新たな価値を得た時、その価値に合わせて、身の回りのものを一新したくなる行動心理を「ディドロ効果」といい、自身の持ち物全体の一貫性や調和を保ちたいという欲求からこの心理が生じます。

ですが、欲求の赴くままにお金を使ってしまうとお金はあっという間に無くなってしまいます。

「それが欲しいかどうか」ではなく、「本当に必要なのか」という視点が大切です。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます