モーニング娘。'19コンサートツアー秋 ~KOKORO & KARADA~
フォトギャラリー【写真10枚】『モーニング娘。'19コンサートツアー秋 ~KOKORO & KARADA~』
  • モーニング娘。'19コンサートツアー秋 ~KOKORO & KARADA~
  • モーニング娘。'19コンサートツアー秋 ~KOKORO & KARADA~
  • モーニング娘。'19コンサートツアー秋 ~KOKORO & KARADA~
  • モーニング娘。'19コンサートツアー秋 ~KOKORO & KARADA~
  • モーニング娘。'19コンサートツアー秋 ~KOKORO & KARADA~

「モーニング娘。になれて幸せ」と涙も。モー娘。秋ツアーファイナルレポート

モーニング娘。'19の秋ツアー『モーニング娘。'19コンサートツアー秋 ~KOKORO & KARADA~』のツアーファイナルが、12月5日(木)に、国立代々木競技場第一体育館にて行われた。6月に15期メンバーを迎えての初のツアーファイナルの模様をレポートする。

オープニングから、怒涛の盛り上がりソングラッシュ!

モーニング娘。'19コンサートツアー秋 ~KOKORO & KARADA~

オープニングアクトを飾ったのは、上々軍団とBEYOOOOONDS。BEYOOOOONDSは『恋愛奉行』を披露し会場を盛り上げた。ピラミッド型のセットが組まれたメインステージと、花道を通りアリーナ客席にサブステージが作られ、この2か所を使って12人がパワフルなパフォーマンスを見せた。

オープニング映像あけ、ステージの紗幕にメンバーのシルエットが浮かび上がると、会場には、各々の“推し”の名を叫ぶ声が飛び交う。イントロと同時に本人たちがステージに現れ、そのまま新曲の『KOKORO & KARADA』へ。疾走感ある中で、間奏にはピアノの流れるような旋律が組み込まれるなど、まさに“静と動”を彷彿とさせる楽曲だ。

続けての『人生Blues』では、イントロや間奏でメロディに合わせて手拍子と熱気ある掛け声が響き、より会場の一体感が増していく。『負ける気しない 今夜の勝負』、『青春Say A-HA』、『わがまま 気のまま 愛のジョーク』と怒涛の盛り上がりソングラッシュで、会場のボルテージを上げた。

譜久村 聖、石田亜佑美、山﨑愛生によるMCを挟んだのち、『ジェラシー ジェラシー』を披露。ラップパートではメンバーがメインステージから飛び出し、花道、サブステージを縦横無尽に駆け回る姿が印象に残った。全員がサブステージに集まると、そのまま『シャボン玉』へ。力強い歌声と全身を激しく動かしたパワフルなパフォーマンスで会場を盛り上げる。

続いて『自由な国だから』、『ロマンスに目覚める妄想女子の歌』では、メインステージの上手下手ギリギリまでメンバーが広がって、客席に大きく手を振った。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます