イケメン、高学歴高収入のハイスペック男性は、合コンや婚活市場で女性にモテモテです。

筆者自身も、昔はハンサムで話も面白くて、ハイスペックな男性についつい心惹かれていたものです。

しかし、モテる男性は愛嬌もよく、口も上手いなど八方美人な人も多いため、女性達が「もしかして私に気があるのでは?」と勘違いしてしまいがち。

実は、モテる男性は本命女性には褒める、口説くなどといったベタなことはしません。意外な方法で、本命女性へ自分の気持ちをアピールします。

そこで今回の記事では、モテる男性が本命にしかしない意外な態度を4つご紹介します。モテる男性の本命彼女になりたい女性は、要チェックです!

モテる男性が本命女性にしか見せない意外な態度って?

1: 弱音を吐く

モテる男性は、自分に自信を持っている人が多いです。また、少しでも良く人に見られたいという思いが強いため、ついつい八方美人になってしまったり、必要以上に格好つけてしまいがち。

そのため、本命女性に選ぶポイントは「本当の自分を見せられる人」という男性は少なくありません。

本命女性に対しては弱音を吐く、もしくは「誰にも言っていない話なんだけど、実は……」と悩みを話すなんてことも。

もし男性があなたにだけ弱音を吐いたり、悩みを打ち明けてきたのであればあなたが特別な女性である可能性が高いと言えるでしょう。

2: 過去の武勇伝、自慢話をしない

モテる男性に多いのが、過去の武勇伝や自慢話をするタイプ。

とくに学生時代にモテてきた男性は、当時バレンタインデーにいくつチョコレートを貰ったか、彼女が何人いたかなどを聞いてもいないのに話すなんて人も。

彼らが自慢話をするのは、女性から「凄いね!やっぱり○○君はモテるのね」と褒めてもらいたいからこそ。

しかし、これはあくまで興味のない女性に対してのみ。

本命女性に対しては、彼らは過去の話よりも「将来どんな家庭を築きたいか」や「どんな交際を望んでいるか」をヒアリングし、なるべく願いを叶えようとします。過去の話をして、自尊心を満たすような真似はしません。

気になる人がいつも自分の自慢話ばかりしてくるのであれば、彼にとってあなたは「話を聞いてくれる」だけの都合のいい女であると言えるでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます