結婚を考えている男性を持つ人にとって、気になるのは「貯金額を伝えておくべきか」ではないでしょうか。
彼氏のことは信用しているし素直に伝えておきたい! と考えつつも、「自分の貯金額で相手の態度が変わったらどうしよう」といった不安も付きまとうことでしょう。

そこで、今回は結婚前に貯金額を“言う派”“言わない派”の意見をリサーチしてみました。

世の女性は、自分の貯金を相手に伝えているのか、ぜひ確かめてみてください。

結婚前に貯金額を“言う派”のホンネ

1: 貯金額を言わないのは隠し事みたいでイヤ

「貯金額を言わないのは、相手に隠し事をしているみたいでモヤモヤ……。お互いの貯金額を把握してからでないと結婚は考えられないです」(29歳女性)

貯金額を言わずにいるのは、彼氏に対して後ろめたさを感じる、という理由から正直に話しているのだそう。

貯金額を言えない理由がとくにない、ということから結婚を考えている男性には、貯金額を話すつもりとのことです。

2: 相手の貯金額を知りたいからまずは自分が言う

「結婚前に相手の貯金額をある程度把握しておきたいので、まずは自分から言いました。その後、相手からも自然な流れで貯金額を聞き出せたので、自分の貯金額を言って良かったと思います」(32歳女性)

相手の貯金額を知るために、自分の貯金額から話すといった意見もありました。

たしかに、貯金額をカミングアウトされれば「自分の貯金額も話そう」といった意識になりますね。

3: 貯金に限らずお金のことはしっかりと確認し合いたい

「結婚するとなったら、貯金額はもちろんだけど、お金のことはしっかりと確認し合いたいです。

いくら貯金あるのか、借金はあるのかなどは、結婚生活をスタートするうえで知っておいた方が良いと思いますし」(27歳女性)

結婚生活においてお金は重要な問題。こちらの女性は結婚前にお互いの金銭事情を明らかにしたほうが安心できるとして、自分の貯金額も積極的に話すそうです。

結婚前にライフプランをしっかりと立てたい方であれば、お金の問題はハッキリさせたほうが良いでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます