幼児期の子どもの吸収力はすごいですよね。

言葉をどんどん覚えて話しだしてくれると、成長を感じて親としては嬉しいものです。

子どもの行動や、子どもが言葉を覚えるのは、周りの環境から。

特にいつもそばにいる親の真似をすることから始まります。

ですから、自分が知らず知らず使っていた口癖や、何気なくやっていた行動に気づかされる、なんてことも多いですよね。

ただ、時として、自分がつい使っていた言葉ややっていた動作を、実家や外出先で真似されて、思わずヒヤッとした、なんてこともあるのではないでしょうか?

今日は5歳でも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、幼児教育研究家の平川裕貴が、親が思わずヒヤッとした、子どもが真似ていた言動をご紹介します。

つい言っていた「おまえ!」という言葉

子どもに対して、イライラしていると「おまえ!」と言ってしまうことがあるが、子ども達がけんかを始めた時、どちらも「おまえ~!」と言っているのを聞いて、ギクッとした。なんて乱暴な言葉を使っていたんだろうと、子どもが使っているのを聞いて反省した。

思わずキレて言った「もう!!!看板くらい置いといてよ!!!」

車での移動中、急いでいたのに、行く道行く道すべてが通行止めになっていて、しかも看板も出ていなかったので、

「もう!!!看板くらい置いといてよ!!!」

と乱暴に言うことが何度かあった。

それからというもの、工事で道が塞がれていると、子どもが自分と同じ口調で怒るようになり、ちょっと反省。

また、どこで覚えたのか、子どもが突然「てめえ!」とか言いだしてビックリしたこともあった。

スピード違反でパトカーに止められたのを自慢げに言いまわる

高速道路で、スピード違反でパトカーに止められたことがあった。

同乗していた娘は、それがドキドキワクワクしたことだったようで、あとからいろんな人に

「パパって警察につかまったことがあるんだよ」

と言いまわっていて家族は大慌てだった。

真似とは違いますが、ちょっと面白いエピソードですね。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます