好きな人とお近づきになるためには、毎日のLINEが必要不可欠。焦りは禁物と知っていても、つい前のめりになってメッセージを送っていませんか?

実は知らず知らずのうちに、自分でチャンスを潰している可能性も。せっかく出会ったのに途中でフェードアウトされるのは悔しいですよね。

恋が遠のいてしまわないようにポイントをおさえておきましょう。

男性がフェードアウトしたくなるLINEって?

1: 質問形式でやりとりを続けようとする

少し前の恋愛テクニックとして「最後に質問することでやりとりを長続きさせられる」という手法がありました。たしかに「〇〇なの?」と返信をしたら返さざるを得ない状況になります。

しかし今は、みんながこのテクニックを知っている状態です。もちろん男性も知っているでしょう。

何回もしつこく疑問形で終わらせると、こちらの気持ちも意図もすべて向こうに伝わってしまいます。

長くやりとりを続けたい気持ちは分かりますが、ずっと続けたくて必死になるのはかえって逆効果かも。

仮に中断しても、時間をおきながら「久しぶり!」と連絡した方が相手にとっては負担にならないでしょう。

2: 何回も「今、何しているの?」と聞く

連絡先を交換しただけでは、まだ両思いになったわけではありません。

友達同士でも自然な流れで連絡先を交換することを考えると脈ありと判断するのは早いのです。つまり彼女になったつもりでメッセージを送るのも危険です。

特に多いケースは「今、何している?」と聞いてしまうこと。一回ならまだしもしつこく何回も聞くと、相手は面倒くさいと感じるかも。

久しぶりに連絡したいときは何かしら連絡を送る理由を考える(たとえば仕事で相談したいことがあるなど)と、相手は迷惑がらずに話を聞いてくれます。

3: 返信が途切れるたびにネガティブ発言

相手の男性は彼氏ではありません。あくまでも友人の一人です。その部分を大きく勘違いすると、今まで順調だった恋も急に悪化する可能性があります。

相手から返信が途切れるたびに不安定になり「私、何か悪いことした?」「返信してもらえないと不安で」とネガティブ発言を繰り返しているなら今すぐやめましょう。

付き合っていたとしても、そんな発言には困ってしまいます。

お互いに仕事をしている以上、迅速に返信できるとは限りません。

たとえ返信がこなくなっても慌てないこと。ましてや不機嫌にならないことが、二人の関係を育むうえではとても大切です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます