「彼氏欲しいのに全然できないんだよね~」「恋したい~」など恋愛への願望はあるものの、なかなか実現できずにいる女性はいませんか?

恋の悩み・愚痴は女性につきものです。

しかし、もしかしたら、あなたの言動が原因で彼氏ができないのかもしれません。「そんなだから彼氏できないんじゃない?」と、女友達が呆れてしまうような言動に心当たりはありませんか?

そこで、今回は「だから彼氏ができないんじゃない?」と女友達が呆れているであろう言動をご紹介します。

女友達は呆れてる!? 恋を遠ざける残念発言

1: 「付き合うならイケメンがいい!」

中身よりも外見! といったような言動は、女友達が呆れてしまいます。お付き合いするなら、きちんと中身の魅力にも目を向けなければなりません。

もちろん、イケメン狙いを否定することはありませんが、「イケメンなら誰でも良い!」というスタンスは、女友達も苦笑いを隠せないでしょう。

また、近年はテレビやネットなどの影響で、日ごろからイケメンを見る機会が増えました。

イケメンを見る目が肥えていることもあり、狙っているつもりがなくても、知らず知らず男性に求める容姿レベルが高くなっている可能性があります。

「付き合うならイケメン!」な発言は避け、「優しい人」「支え合える人」など、相手の中身を意識した発言を心がけましょう。

2: 「どうせ好きになってもらえないし…」

「私のことなんて好きになってもらえない」「どうせうまくいかないに決まってる」など、ネガティブな発言は絶対にNG。

基本的に、ネガティブな発言が多い女性は、素敵な恋愛が遠のく傾向にありますので、女友達も「そんなにネガティブだから彼氏できないんだよ」と心の中で呆れてしまうでしょう。

自分に自信がないことは仕方のないこと。しかし、それを口に出すことは、いくら親しい女友達相手であっても呆れられてしまいます。

女友達に恋愛の悩みを打ち明けるなら、ネガティブなワードではなく「私の魅力ってなに?」どこがアピールポイントになるかな?」など、前向きな内容を意識してみてください。

3: 「年上(年下)じゃないと無理~」

相手の年齢にこだわるような発言に心当たりはありませんか?

「私自分より年上じゃないと無理なんだよね~」「かわいい系の男性が好きだから絶対に年下が良い!」など、年上・年下で男性を見るような女性は、残念ながら素敵な出会いを逃しやすいものです。

女友達としても、「いつまでも年齢にこだわっているから彼氏ができないのよ」とツッコミたくなってしまうでしょう。

また、男性側も年齢だけで「恋愛対象」「恋愛対象外」と、ふるいにかけられるのは良い気分ではありません。

特に20代半ばを過ぎた女性なら、年齢を中心とした価値観は捨て、「人となり」に重点を置いた価値観を身に着けたほうが良いでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます