一時期“ロールキャベツ男子”と言う呼び名が話題になりました。「キャベツで巻いてあるお肉」と言う意味で、見た目が草食系・内面が肉食系の男性のことです。

今回紹介する“なんちゃって草食系男子”はこれに似ていますが、女性を落とす目的ありきで、わざと草食系の皮をかぶっている男性です。

ギャップに騙されて女性が恋してしまうのはロールキャベツ男子。

けれども、なんちゃって草食系男子は草食系擬態なのでギャップはありません。だから草食系だと思ってしまった……そんなことは多いかもしれませんね。

今回は、なんちゃって草食系男子の特徴と見分け方を解説します。

なんちゃって草食系男子の特徴って?

1: 積極的に話さないが、会話上手

話をしまくる性質の肉食系男子に対し、草食系男子は自分の得意な分野しか話しません。

とくに女性には、得意分野だとしても率先して話さないでしょう。男性同士と話せば満足なので、わざわざ女性にアピールするような話はしないのです。女性と世間話は、まずしないでしょう。

しかし、なんちゃって草食系男子は女性の気を引くため、得意分野の話をかいつまんで話しすことがあります。

「何でもかんでもガンガンは話さないが、上手にアピるように話す」という感じです。

2: 消極的と思いきや、受け身なだけ

本物の草食系男子は消極的です。

たとえば「〇〇日にご飯に行かない?」と聞くと「えっ」と驚くリアクションをしたり「うーん」と、はっきりしない返事をするので、女性側は嫌われたかと不安になります。

なんちゃって草食系男子は「うん、そうだね」と明るく肯定をするか、または「まだわからないなあ」「確認するね」など、消極的ですがわりと手慣れた返し方をします。

3: グイグイ行っても嫌がらない

なんちゃって草食系男子は、女性からのアタックは大好物。ぜひ女性から来てほしいと思っています。それでいて、涼しい顔をしているので分かりにくいでしょう。

本物の草食系男子は、その場から逃げたり露骨に困った顔をするなど、苦手な感じが出てしまいます。驚いてあとずさりしてしまう男性が多いでしょう。

4: 女性の扱いがなにげに上手

肉食系男子は、女性の腰に手を回したり肩に手を置いたり、手をつないだり……。エスコートやタッチがもろにわかりやすいです。

一方、本物の草食系男子は女性の扱いが分からないため、放置したように取られがちで、女性の扱いがとても下手です。

なんちゃってクンはハッキリとエスコートはしませんが、さりげなく手を差し伸べることも。女性の扱いに下心は見せず、さりげなく上手です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます