彼氏から別れを告げられた時に、「嫌いになったわけじゃない」と言われた、という女性は少なくないのではないでしょうか。

この「嫌いになったわけじゃない」という言葉には、一体どんな思いが隠されているのでしょう。

今回は、「嫌いになったわけじゃない」という言葉に隠された相手の想い、そして、復縁できる可能性が高まる元彼の行動についてご紹介します。

「嫌いになったわけじゃない」に隠された元彼の気持ち

1:穏便に別れたい

自分から彼女に一方的に別れを告げたら、きっと彼女は取り乱してしまって、別れるという行為により労力が必要になるかもしれない。

「嫌いになったわけじゃない」という言葉には、元彼のこんな気持ちが隠されていることがあります。

特に、今まで付き合っていた時に彼女に束縛されたり、話しあいや喧嘩の際に彼女が感情的になって面倒だと思ったりしたことがある男性は、彼女に別れをスムーズに納得してもらうために、穏便に別れられそうな「嫌いになったわけじゃない」という言葉を選ぶのです。

2:彼女の傷ついた姿を見たくない

自分がしたことで、他人が傷ついている姿を見ることが耐えられない。

こんな優しいタイプの男性も、彼女に別れを告げる際に「嫌いになったわけじゃない」という言葉を選びがちです。

しかし、どんなに優しい言葉を選んでも、その優しさのせいで別れを告げられた側には未練が残りますし、別れた後も元彼を想って苦しむことになります。

「嫌いになったわけじゃない」という言葉は、本当に優しい一言なのか、と考えてしまいますよね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます