好きな人が自分のことをどう思っているのか、気になりますよね。

自分で聞いて確かめれば済む話かもしれませんが、それができたら苦労はしない! というのが乙女心というもの。

そこで今回は、普段の態度やLINE(ライン)でわかる、男性の脈ありサインをご紹介します!

男女で違う!脈ありサイン

脈ありサインは、男女によって若干異なります。

男女の脈ありサインの違いとして、代表的なものをピックアップしてみましょう。

女性は“自分を見せる”ことで脈ありを表す

女性は好きな人に対し、自分についての報告をしがちです。基本的に女性は自分の話を聞いてもらいたいので、自分の話をよくする場合は脈ありなことが多いですよね。

また、服装やメイクにこだわるのも脈ありサイン。

男女混合で複数で遊んでいるときでも、服装やメイクにいつもより気合いが入っている女性は、一緒に遊んでいるメンバーの中に好きな人がいる場合も。

男性は“距離の近さ”で脈ありを表す

男性は好きな人に対してのLINEでは、だらだらとメッセージを送るより電話の方が楽だと感じるため、電話がよくかかってくるようなら脈ありサインかもしれません。

また、急に下の名前で呼び始めるのも脈ありサインと見ていいでしょう。少なくとも、あなたのことを女性として見ている証拠です。

両思いかも? 態度でわかる男性の脈ありサイン4つ

1: よく目が合う

好きな人のことは自然と目で追ってしまうもの。

ふとした時の表情や仕草、髪の毛や服装など、ついつい細かいところまで見てしまう、なんて経験をされた方も多いのではないでしょうか。

だからこそ、よく目が合う人は脈ありの可能性大! よく目が合うということは、相手も自分のことをよく見ているからです。

もしかしたら同じように気になっていて、自然とあなたのことを目で追ってしまっているのかも。

2: 褒めてくれる

褒められると嬉しくなりますよね。好きな人には喜んでもらいたい、という思いが、自然と相手を褒めるという行為につながるようです。

特に日本人は褒めるのがあまり得意ではないと言われているので、そんな日本人がすごく褒めてくれる時は好意を持ってくれている証拠だと思って間違いないでしょう。

恋は盲目というほど、好きになった人のことはなんでもよく見えてしまうというのもあります。

ずっと見ているから良いところにも気づきやすく、しかも褒められたら人は嬉しいものですから、喜んでもらえるなら褒めたい、と思うのかもしれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます