【検証】「空気のおいしさ」って何? 実際に吸い比べてみた

2014.9.11 12:00

目に見えず、もちろん味もせず、触れても感触のない「空気」。それが「おいしい」「まずい」とは一体どういうことなのか? そこで今回は、空気の美味しさとは一体何なのかを検証するため、実際に「おいしい空気」と「まずい空気」を一緒に吸い比べ、違いがあるのかを調べてみたいと思います。

こんにちは、ARuFaです。

 

 

突然ですが、僕はこの世に1つだけどうしても信じられないことがあります。

それは、『空気がおいしい』という言葉です。

 

 

(※イメージ図)

目に見えず、もちろん味もせず、触れても感触のない「空気」。それが「おいしい」「まずい」とは一体どういうことなのかと、僕は小さい頃から疑問に思っていました。

いや、嘘でしょ。空気を味わうって何よ。とんち? とんちクイズ?

一休さんが和尚さんにアッカンベーしたのを目撃されて「いやいや、これは空気を味わってたんですがな~いややわ~ほんま~」っていう爆笑とんちクイズ?

っていうか、そもそも空気を味わえるほど味覚が敏感だったらカレー食った途端にショック死するわ!

…というのが僕の昔からの見解なのですが、とはいえ実際に「空気がおいしい」と感じる人がいるのも事実。いわば空気の美味しさ問題は、僕をずっと苦しめてきた疑問であり、いずれ解決しなくてはいけない課題なのです。

そこで、今回の記事では空気の美味しさとは一体何なのかを検証するため、実際に「おいしい空気」「まずい空気」を一緒に吸い比べ、違いがあるのかを調べてみたいと思います。

 

【検証】「空気の美味しさ」って何だ?

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント