オタクが「アイカツ!」に影響されて壁を登ってみた

2015.1.13 12:00

初めまして、ゴトウです。普段は会社勤めをしているごくごくヌルいアニメオタクの私ですが、今回はアニメ「アイカツ!」のいちごちゃんに習って、壁を登る「ボルダリング」に挑戦してみました。

オモトピアをご覧のみなさんはじめまして。ゴトウと申します。

普段は会社勤めをしております、ごくごくヌルいアニメオタクでございます。 

 

突然ですが、みなさんは「アイカツ!」というアニメをご存知でしょうか。

「アイカツ!」とは「アイドル カツドウ」の略でして。カードダスシステムを利用して、カードを集めつつアイドルの女の子を育成していくというアーケードゲームです。

そのゲームと同時にテレビアニメが制作されまして。主人公の「星宮いちご」が、ひょんなことからアイドル育成学校に通うようになり、様々な試練を乗り越えつつ、一人前のアイドルになっていくというストーリーになっています。

そしてその人気は絶大で、現在「劇場版アイカツ!」も大好評上映中になっています。

 

 

さあ、というわけでやって来ましたここ、 西調布のウエストロック調布店

壁を登るスポーツ、「ボルダリング」が体験できるお店です。

 

 

ARuFa「ちょっと待ってください。アイカツとボルダリング、何の関係があるんですか」

ゴトウ「撮影に同行してくれたARuFa君に説明してあげよう。"アイカツ!"には、よくが出てくるんだ。主人公である星宮いちごがステージ衣装を作ってもらおうとデザイナーに会いに行く時は、たいてい崖を登る。ちなみにその際のかけ声は『アイ、カツ! アイ、カツ!』だ」

 

 

ゴトウ「いちごちゃんが崖を登るのであれば、俺だって登っておくべきだろう」

ARuFa「…(そういえばこの人「けいおん!」が流行った時にも、弾けもしない楽器を買ってたな…)」

 

というわけで、いちごちゃんになりきって、崖に登るぞー!

 

 

…などと意気込んだものの、もちろんボルダリングなどまったく経験のない私。

さっそく受付で申し込みをしようとすると、気になる注意書きが。

 

 

 

・クライミングは危険を伴うスポーツです。ジムだから安全という考えは捨てましょう。
完全な安全を求める人はクライミングを行うべきではありません。

 

 

…やっぱり帰って、家でアニメでも見てようかな…。

ARuFa「どうしたんですか? はやく受付を済ませて着替えましょうよ」

ゴトウ「えっ? あっ、はい」

 

 

登録を済ませ、身軽な格好に着替えます。とは言っても特にユニホームがあるわけでもなく、動きやすければどんな格好でもOKとのこと。

ちなみに今回のシャツは「モンスターハンター」柄。

このゲームもやたらと崖を登るゲームなんだ。ほら、俺って形から入るタイプだから。

 

 

ARuFa「それ、形として入ってないですけどね」

さっそく着替えたところで、次のページからいよいよボルダリングをスタートします。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント