【Twitter実験】「ゆる募」と「ガチ募」どちらの方がリプライが集まりやすいの?

2014.5.22 12:00

Twitterでよく見かける「ゆる募」という言葉。これは「ゆるく募集します」という意味の造語ですが、どうせ募集するならキチンと募集した方がリプライが集まりやすいと思うのです。そこで今回は「ゆる募」と「ガチ募」では、どちらの方がリプライが集まりやすいのか実験してみることにしました!

こんにちは、セブ山です。

今、僕はひとつ気になっていることがあります。

それはTwitterでよく見かける「ゆる募」という言葉。これは、「ゆるく募集します」という意味の造語です。しかし、僕には「わざわざゆるく募集する意味」がわかりません。

どうせ募集するなら、ゆるくはなくキチンと募集した方がリプライが集まりやすいと思うのです。

でも、もしかしたらガッチガチに募集する(以下・ガチ募)よりも、ゆる募の方が何かメリットがあるのかもしれません。

そこで今回は「ゆる募」と「ガチ募」では、どちらの方がリプライが集まりやすいのか実験してみることにしました!

 

 

 

まずは、「ゆる募」からツイートしてみます。

 

 

「おいしいお店を教えて」という趣旨を伝えるこちらのツイート。Twitterで募集するにはピッタリの題材です。

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント