2018年12月29日から31日までの3日間、東京ビッグサイトで「コミックマーケット95」が開催。

今回は、最終日となる12月31日に出会った美女コスプレイヤーさんの様子をレポートします。

どうしても、クオリティが高すぎる美麗レイヤーさんに目を奪われてしまいます。『Fate/GrandOrder』からアルトリア・ペンドラゴン(オルタ)、『キルラキル』から纏流子、そして『聖闘士星矢』からアテナ/城戸沙織など、次元の壁を越えたかのような美女がいっぱい!

それぞれの作品合わせも素敵です。『うみねこのなく頃に』から煉獄の七姉妹ルシファー&サタン、そして『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』からアナーキー・パンティ&アナーキー・ストッキングなどなど、会場を盛り上げていました。

かなり大人っぽいセクシーさを表現したコスプレイヤーさんもいました。『戦国武将姫MURAMASA』から黒田官兵衛、そして『地獄楽』から傾主の杠は和のテイストがたっぷり。『ポケットモンスター』からコイキング擬人化も和のテイストです。コイキングがこんなにセクシーに表現されるなんて!

Character JAPANでは、コミケ記事を随時更新中です。

 

1977年横須賀市生まれ。ライター/ブロガー。2004年からはてなダイアリーにて、ブログ「鈴木妄想なんじゃもん」を開始。日本各地・アジア各国のアイドルシーンやサブカルチャー/ポップカルチャーについて独自の視点で語り続ける。著作に「新大久保とK-POP」(マイコミ新書)。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます