シャボン玉の海に酔うアートプロジェクト

市民参加型のアートプロジェクトを通じ、足立区に新しいコミュニケーションを生み出すまちなかアートプロジェクト『アートアクセスあだち 音まち千住の縁』。そのプロジェクトの一環として「Memorial Rebirth 千住 2015 足立市場」が行われました。

無数のシャボン玉で見慣れた景色を変貌させるアートパフォーマンス「Memorial Rebirth」、通称「メモリバ」は、現代美術家・大巻伸嗣さんの作品です。千住では2012年からスタートし、毎年場所を変えながら行われています。今年の舞台は足立市場で、昼と夜の2部構成です。

会場内は屋根のある「おどりエリア」と「屋台エリア」、そして屋外の「シャボン玉エリア」に分かれています。到着すると、すでに「装いづくりワークショップ」が行われていました。

反物や古着を使って、アクセサリーや衣装をつくります。針や糸を使わないので、とても簡単です。

髪飾りとして頭につけたり、胸元やカバンにつけたり……。みなさん思い思いの場所につけて着飾っていました。

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます