フォトギャラリー【もっと見る】内部はこんな感じ!おすすめ「シュラフ」フォトギャラリー
  • 【KoiHouse 封筒型シュラフ】オレンジの差し色がかわいい
  • 【KoiHouse 封筒型シュラフ】ふかふかです
  • 【KoiHouse 封筒型シュラフ】頭回りをすっぽり覆ってくれます
  • 【KoiHouse 封筒型シュラフ】温かい内部
  • 【KoiHouse 封筒型シュラフ】袋にヒモが多く、バックパックにカラビナで取りつけることが可能

テントや車中泊の必須アイテム「シュラフ」。有名なアウトドアブランドのハイエンドモデルから、低価格で購入できるものまで、さまざまなシュラフが販売されています。

今回は、家族でのおでかけに気軽に持っていけるコスパの良いシュラフを3つ購入して比較してみました。

一番安いものはなんと1,000円以下!予想以上に満足度の高いアイテムばかりでしたよ。

シュラフとは?

シュラフとは寝袋のこと。袋状の人の大きさの寝具で、最近では小さく収納でき、かつ薄いのに温かい機能的なシュラフが増えてきています。

外気から身を守り、アウトドアで疲れた体を癒してくれる、キャンプの必須アイテムです。

シュラフの種類

シュラフと一口に言っても、形や大きさ、機能性によってさまざまな種類があります。

マミー型

頭から足先まですっぽり覆ってくれます

「マミー」とはミイラのこと。その名の通り、ミイラが包帯でぐるぐる巻かれたような形のシュラフを「マミー型」といいます。

体の形に合わせて上は広く、下は狭く作られています。そのため、密着性が上がり温度を保って体を守ってくれます。なるべく温かく過ごしたい方や、高山などで使うのに向いています。

布面積が少ないため、コンパクトに持ち運べる利点もあります。ただ体に密着しすぎるため、慣れないと寝返りが打ちにくいです。

封筒型

キャンプ初心者におすすめのキャプテンスタッグ

長方形の形状のシュラフを「封筒型」といいます。

マミー型に比べると密着度が低いので保温性はすこし劣りますが、幅にゆとりがあるので寝返りも打ちやすく、家庭での寝具に近い感覚で使えます。

ファスナーをすべて開ければブランケットのような使い方もできたり、連結させて大きいサイズにすることも可能です。

家族でのキャンプには封筒型をおすすめします。

安くておしゃれ!機能的な「シュラフ」徹底レビュー

KoiHouse 封筒型シュラフ 価格:2,180円(税込)

ふかふかです

「KoiHouse」の封筒型シュラフです。

外の生地は軽くて柔らかい感触の230ポリエステル。防水にも優れているので、朝露や少し湿っている地面の上での使用にも適しています。

内生地はポリエステルマイクロファイバー生地。肌触りが良く、入ってすぐ温かさを感じることができます。

また、中綿には中空化学繊維を使用していて、空洞があり、クッション性が高いのも魅力です。

頭回りをすっぽり覆ってくれます

こちらは2つ連結可能で、家族で使うのにも最適です。最低使用温度は-5度、快適使用温度は0度、と寒い中でも快適に使うことができます。

頭のフード部分にヒモがついていて、絞るとパーカーのように頭を保温してくれます。

温かい内部

頭まですっぽりかぶれて温かいので、寝るとき以外にも、外で星空を見たり、焚火を見ながらリラックスしたりと、いろんなシーンで活躍しそうです。

グレーにオレンジ色の差し色という元気なカラーが魅力。

足元が広いため、寝返りも楽々で蒸れも防止できて快適なアイテムです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます