誰しも、異性の好みのタイプ、というものを持っていますよね。

その条件に当てはまるほど、恋愛対象として意識をしやすい傾向にありますが、最初は好みのタイプではなくても付き合ってみたら意外としっくりきた、ということもあります。

今回は、実際に女性たちに聞いた、好みのタイプではなかったけど、付き合ってみたら意外としっくりきた彼氏のエピソードを実録形式で紹介します。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます