左より)新木優子、橋本環奈、岩田剛典 撮影/奥田耕平

福田雄一監督とNetflixが初めてタッグを組む映画『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』が世界独占配信中だ。

大ヒットを記録した同名小説は、童話の世界で起きる事件を、旅をしている赤ずきんが探偵として解決していくという童話×ミステリーという新ジャンルだ。

今回、舞台になるのはシンデレラの世界。知的で鋭い洞察力を持つ赤ずきんを橋本環奈、美しいがどこか影のある苦労人のシンデレラを新木優子、国中の女性たちが憧れる王子様を岩田剛典が演じた。

個性あふれる作品、そして福田監督作品の世界でどのように演じたのか。3人に話を聞いた。

フォトギャラリー【橋本環奈×新木優子×岩田剛典】インタビュー&場面写真はこちら
  • 左より)新木優子、橋本環奈、岩田剛典
  • 岩田剛典
  • 新木優子
  • 橋本環奈
  • 岩田剛典

福田組だからこその高まる演者からの期待

橋本環奈 撮影/奥田耕平

──今回の作品は童話とミステリーという異色の組み合わせです。原作、もしくは脚本を読まれたときの印象をまずは教えてください。

橋本環奈(以下、橋本) もともと原作を読んでいてすごく好きな作品でした。だから、「これを映像化するんだ」「しかも赤ずきん役なんだ」って嬉しかったですね。 本当に緻密なストーリーに、伏線回収で、原作がしっかりしているとより作品って面白いくなるし、今回は福田組でやるということでコメディの要素が加わってより楽しい作品となるだろうと思っていました。

あとは童話ならではの派手で個性豊かなキャラクターということで、やっぱり衣装とメイクの作り込みがすごかったですね。コスプレっぽくならず、浮かずに、観ている人が没入できる世界観が本当にすごかったなと思っています。

原作はもちろん面白かったですし、これは福田組あるあるなんですけど、脚本の段階ですごく面白いんです。声出して笑っちゃうんですよ。 今回も「これ絶対にムロさんだろうな」とか、「絶対に(佐藤)二郎さんが喋ってるな」ということを感じて面白かったですね。

──やっぱり、お二方が登場すると「来た!」となりますもんね。

橋本 ムロさんと二郎さんは福田組で出ていないことがないので(笑)。

新木優子 撮影/奥田耕平

──新木さんはいかがですか。

新木優子(以下、新木) 原作はオムニバスになっていて、赤ずきんを軸にいろんな童話の主人公と出会ってミステリーを解決していく作品自体がすごく面白いんですよね。 今回はシンデレラの一編がフィーチャーされるということで、どんな作品になるのかすごく楽しみだったんですけど、シンデレラと赤ずきんの関係性だったり、その人たちが演じるからこその、このキャラクターなんだ、というのが脚本から想像できました。

読み進めているだけで楽しかったですね。さらに、どんな映像になるんだろう、素敵な映像になるんだろうな、といろんな想像を膨らませながら、読むことができました。

岩田剛典 撮影/奥田耕平

岩田剛典(以下、岩田) 僕はお話いただくまで原作は拝見してなかったんですけど、タイトルの印象とは全く違う内容で、謎解きとしても、先読みできない展開。そして福田組で、Netflixでこういった座組、いわゆる大作なわけじゃないですか。面白そうだな、と思いました。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます