新作歌舞伎『流白浪燦星』でルパン三世役を勤める片岡愛之助(右)と、脚本・演出の戸部和久 撮影/源賀津己

アニメなどでおなじみの「ルパン三世」が歌舞伎になる。タイトルは、盗賊が活躍する“白浪物”から当て字をした『流白浪燦星』。ルパンを演じるのは片岡愛之助だ。

愛之助と脚本・演出の戸部和久との対談で見えてきたのは、この新作歌舞伎で古典歌舞伎の魅力をとことん伝えようとしていること。そして、「ルパン三世」がそれにふさわしい題材であること。両者が引き立つ面白い公演になりそうだ。

フォトギャラリー【片岡愛之助×戸部和久】新作歌舞伎『流白浪燦星』インタビュー写真をもっと見る
  • 新作歌舞伎『流白浪燦星』でルパン三世役を勤める片岡愛之助 
  • 新作歌舞伎『流白浪燦星』脚本・演出の戸部和久 
  • 新作歌舞伎『流白浪燦星』でルパン三世役を勤める片岡愛之助(右)と、脚本・演出の戸部和久 
  • 新作歌舞伎『流白浪燦星』でルパン三世役を勤める片岡愛之助(右)と、脚本・演出の戸部和久 
  • 新作歌舞伎『流白浪燦星』でルパン三世役を勤める片岡愛之助(右)と、脚本・演出の戸部和久 

「恐ろしいことをやっているなという思いでいっぱいです(笑)」

新作歌舞伎『流白浪燦星』でルパン三世役を勤める片岡愛之助(右)と、脚本・演出の戸部和久 撮影/源賀津己

──『流白浪燦星』でルパン三世を演じられる愛之助さん。その前後に上演される舞台『西遊記』では孫悟空を演じておられますが、誰もが知るキャラクターに続けて挑まれるのはどんなお気持ちですか。

愛之助 それはもう役者冥利に尽きます。ルパン三世もずっと観てきたキャラクターですし、孫悟空も堺正章さんが演じられたテレビドラマを観て育った世代ですから、恐れ多くて演じてみたいなんて思ったこともなかっただけに、本当にありがたいです。

──脚本・演出を手掛けられる戸部さんもいかがでしょうか。よく知られている作品を歌舞伎にすることについては。

戸部 恐ろしいことをやっているなという思いでいっぱいです(笑)。ただ、「ルパン三世」の原作者であるモンキー・パンチ先生は歌舞伎がお好きだったようで、歌舞伎を題材にした話も登場しますし。もし江戸時代に「ルパン三世」が描かれていたら、盗賊もののひとつとして歌舞伎になっていてもおかしくないくらい、キャラクターの設定や関係性がそのまま歌舞伎の世界にはまるんです。

唯一、歌舞伎に落とし込むのに苦労したのがビジュアルの部分でしたが、それも、スチール撮影時の愛之助さんを拝見したら、カッコよくて愛嬌があって見事にルパンになっていて。石川五エ門(尾上松也)、次元大介(市川笑三郎)、峰不二子(市川笑也)、銭形警部(市川中車)など他のキャラクターもキマっていたので、これはイケるなと安心しました。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます