3.「家まで行くけど」と脅された

「束縛が激しくて、女友達との食事まで嫌な顔をされることに耐えきれなくなって別れた元カレ。

別れ話も当然まともに聞いてもらえなくて、友人にお願いして間に入ってもらい、やっと縁を切ることができました。

いつもLINEで連絡していたので速攻でブロックしたら、付き合いだした最初に教えていた電話番号にかけてきて、『会ってくれないなら家まで行くけど、いいの?』と脅しみたいなことを言われて……。

『来たら警察に通報する』と答えて切りました。

ひとり暮らしをしていたのですがすぐ実家に帰り、しばらく怖い思いをしながら生活したのが今でもトラウマです。

結局、別の人とのトラブルが原因で相手が市外に引っ越したことを知り、私も別のアパートに移ってからは何事もなく過ごせています」(28歳/サービス)

筆者も相談を受けていたこちらのケースですが、自分に非があるのに別れることをゴネた挙げ句、嫌がられるとわかっていて家まで押しかけようとする男性の暗い気持ちがまったく理解できませんでした。

さいわい、女性が実家に戻ってからは何の接触もなく済みましたが、別の人とトラブルを起こすなどどこか生き方に問題のある人は、別れたあとも慎重に過ごさないといけないのが怖いところ。

こんな男性に引っかからないよう、男性の人間性はしっかり見極めてからお付き合いを決めるのが正解ですね。

LINEや電話などをブロックされてからとんでもない行動を起こす人は、そもそもお付き合いをしているときからどこか違和感を覚えることが多く、それが別れたあとで表面化するケースが多いように感じます。

ですが、別れたあとまで相手に迷惑をかけるのは、決して許されることではありません。

こんな行動を起こされたときは、毅然とした態度で断ることで相手の執着を断ちましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます