いつも優しい彼氏。申し分のない優しさだけれど、ふっと見せた彼氏の優しくない部分が怖かった……。

そんなことがあると、「ホントに優しいのかな?」と疑問に思ってしまいませんか?

今回は、「彼氏を怖いと思った瞬間」の実例と、本当の優しさについて解説します。

優しい彼氏を「なんか怖い」と思った瞬間は?

1: 私だけに優しいけど他人には……

「私には猫なで声で甘やかしてくれるけど、よく観察してみたら他人にはそっけなかった。

『さゆみだけに優しいんだよ』って言うけど、『わあ~うれし~』って思うわけないでしょ。なんか怖いよ、ほかの人にも優しくして!」(さゆみさん・22歳)

自分がものすごく若かったのなら、「私だけに優しいのね」とうれしいかもしれません。

でも“平等に優しくするのが本当の優しさ”ですよね。「私に優しいのは恋人だから」で、これから先、恋愛感情が減っていったら……と考えると少し怖いですね。

2: 悪口を言いつつ仲良くしている姿

「昔からの友達のことを『あいつ、上場企業に入った俺をうらやんでいるんだよ』と、突然私に言ってきました。全然うらやんでるようにはに見えないけど……。

『あいつより上だ』と言いたいのでしょうけど、なんか怖いと思いました。それでいて仲良くしてるし。半分冷めました」(ゆうりさん・29歳)

友達にマウントを取っている姿にはげんなり。しかも本人のいないところで……というのが何ともかっこ悪いですね。

3: 打算的な部分を見たとき

「『これやっとけばあの人は楽勝だから』『うるさく言われないためには〇〇してる』と、同僚である彼氏の打算的な部分を見たとき。

私に対する優しさは心からではなく、打算的な優しさでは?」(みかさん・31歳)

社内恋愛の彼氏だと、仕事ぶりを目の当たりにするので、打算的な部分を見てしまいがち。

優しさと計算高さは相反するものなので、両方をあわせ持つ彼氏は怖い気もします。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます