いつでも気軽に送ることができる、便利な連絡ツール「LINE」。

とても便利なのですが、メールと違って相手が既読になっているのに返事がない、いわゆる「既読スルー」にやきもきした経験って誰にでもありますよね。

今回は、男性に聞いた、思わず既読スルーしたくなるような、女性からの面倒なLINEを実録形式でお届けします。

男性が「既読スルー」したくなっちゃうLINEって?

1:日記?と思ってしまうような、詳細な行動報告

「毎回のLINEがなんて返していいかわからない自分の日記みたいな、行動報告系だとつい既読スルーしちゃうかも。

だから?って聞きたくなっちゃうんですよね(笑)

長文だとより返事がしづらいです。短文で軽く、楽しい内容ならまだいいんだけど、それ系のLINEって長文で返事がしづらいないようなことが多い気がします」(30歳/企画)

日記?と思うような詳細な行動報告のLINEを送ってくるタイプの方は、男性でもたまにいますよね。

女性は基本的にLINEの返事をすることが苦にならない、むしろ好きだというタイプが多い傾向にありますが、男性はLINEで頻繁に連絡を取るのが苦手、という割合が女性よりも高いといいます。

好きな男性に自分のことを知ってほしい!と思う気持ちはわかりますが、相手が返事のしやすいボリュームで簡潔に送るようにした方が良さそうです。

2:相談してきたのに、言い訳が多い

「仕事の相談とかをしてくれるのは頼りにしてくれてるのかな?と思って嬉しいんですけど、アドバイスしても言い訳で毎回否定されちゃうとそのうち返事するのが面倒になっちゃう。

内容も仕事の仕方とかじゃなくて、人間関係だったりすると、やっぱり愚痴っぽく聞こえちゃうので、ちょっと負担に感じますね」(27歳/デザイナー)

前置きで愚痴っていい?とあれば、女性同士なら共感できるような内容でも、相談されてアドバイスしたことを言い訳されて否定されてしまうと、せっかく答えたのに……と女性同士でも少しモヤモヤが残りそうですよね。

ましてや、男性は女性が不満を言っているところが悪口に感じてしまって、見るのが苦手、という傾向が多く見られますし、わざわざLINEで言ってこなくても……と思われても仕方ないかもしれません。

相談されることは頼りにされているみたいで嬉しい、ということなので、相談内容を見極めて、アドバイスをしてもらったら一旦は聞き、聞いてもらったらお礼を言うのがベターかも。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます