ファーが付いた洋服は、見た目も可愛らしくて暖かさも抜群!ただひとつの難点といえば、アフターケアが面倒ということではないでしょうか?

ほんの少しのファーが付いているだけで、クリーニング価格が高額な特別価格になることはもちろんのこと、クリーニング屋によっては、クリーニング自体を断られるケースも少なくないのがファー付きの洋服。

そのため、お手入れをすることなく、そのまま毎年着ることになってしまうというケースも少なくありません。

そこで今回は、クリーニング断られ率高し&お代も高額“ファー付きダウンコート”を自宅で上手に洗う方法をご紹介します。

ファー付きダウンコートの洗いかた

今回ご紹介するのは、表地がナイロンを使用し、中身はダウンとフェザー。ファーはタヌキのリアルファーが付いたダウンコートでのご紹介です。

部分的にレザーやシルク、その他金属などが素材に含まれているものや、特殊な加工をしているダウンコートは避けてください。

1)まず、おしゃれ着用の洗剤『エマール 中性洗剤』の原液を、シミがついているところや、整髪料が付きやすい首元、汚れやすい袖口などに適量つけて『柔らかめの古歯ブラシ』で軽くこすり、下洗いをします。

2)『エマール 中性洗剤』を適量ぬるま湯に溶かした洗面ボールなどの中に、ダウンコートを畳んで沈めます。おおよそ5分程放置してください。
沈める場所は、なるべくダウンコートがゆったりと入る広さを使ってくださいね。

3)5分程経ったら『食器用のスポンジ』を使って、ダウンコートの表、裏をまんべんなくなでるようにあてて、汚れを落とします。

ファスナーやボタン部分は、スポンジを折るようにしてあてると、やりやすいです。

4)ここまでしたら、ファー部分のお手入れを。

使うのは、オーガニックギーオイルが配合されている『ダイアンパーフェクトビューティー ミラクルユーサクラ シャンプー&トリートメント』。ファーも“毛”ですから、実はシャンプーで問題なく洗えるんですよ!

ただし、使うシャンプー類はさっぱり系ではなく、今回使用したようなオイル入りのシャンプーを使ってください。

こちらは、髪に近い成分でできたケラチンが配合されてることから、仕上がりにきしみも出ず、ファーのお手入れにも適しています。

5)シャンプーをファーの量に対して適量手に取ったら、髪の毛を洗うように手で優しく洗います。この時ダウンコート自体は浸け置きしたままで大丈夫です。

6)流水でファーについているシャンプーを洗い流したら、今度はトリートメントを適量手にとって、ファー部分に馴染ませます。

櫛を使って、トリートメントをファー部分にまんべんなく馴染ませます。

7)ダウンコートと一緒に、綺麗なぬるま湯で押し洗いを3~4回繰り返し、軽く水気をとったら、大きめの洗濯ネットに入れ、洗濯機の脱水モードで最も短時間にセット!脱水します。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます