意見が衝突したり小さなすれ違いを見過ごせなかったり、ケンカの原因はさまざまですが、そのときに出るのがお互いの人間性ではないでしょうか。

ネガティブな場面では、抑えていたストレスが爆発したり思わぬ失言があったりと、ふたりの関係が危うくなることもあります。

誠実な男性は、ケンカのときでも感情に流されずに好きな女性と向き合おうとする強さがあります。

好きだからこそしないことについて、ご紹介します。

ケンカしても、誠実な男性はコレをしない!

1.暴言を吐く・怒鳴る

言い争いになって頭に血がのぼると、「ふざけんなよ」「ムカつくんだよ」など嫌悪感をあらわにする男性がいますが、そんな彼氏を見ると恐怖を感じませんか?

また、「俺の気持ちはなぁ!」と大声をあげて怒鳴りはじめたり、物に当たって大きな音を立てたり、こちらを威嚇する態度を見せられると意見を口にするのが怖くなりますよね。

怒りを抑えられないのは相手の問題ですが、たとえ相手が間違ったことを言っているときでも、「感情」を先に出すのではなく「考え」から伝えていくのが誠実な男性の持つ姿勢です。

悪態をつく自分が彼女にいい印象を与えるはずがなく、また威嚇するような態度がまともとはいえない、と理性でわかっているからです。

2.ケンカに関係のない悪口を言う

解決したい問題があるのに、話の内容がどんどんそれて彼女の性格の悪さなどケンカに関係のない「ただの悪口」になっている。

それは、普段から少しずつ溜まっていたストレスが、ケンカをきっかけに怒りとなって出てくるからです。また、自分の非を認めたくなくて彼女に責任転嫁していることもあります。

ケンカにならないと自分の気持ちを吐き出せないのは、自分に自信がなく正面から女性と関わる勇気を持てない弱さ。

誠実な男性は、たとえば女性に悪い点があれば普段から指摘して一緒に考えようとするし、ケンカのときは解決するべき問題に集中します。

それが、いい交際を続けたい気持ちのあらわれといえます。

3.過去の失態を持ち出す

話しているときに、「そういえばあのときも」など今と関係のない過去を持ち出して責めても、一向に解決には進みません。

もし解決していないことを言い出したのなら、そのままで終わらせてしまったふたりが悪いといえますが、一方的に彼女の失態をあげつらうような男性は、ただやり込めたい幼稚な性格が見えます。

逆の立場になって、自分の過去を言われたらどんな気持ちがするのか、想像できないのですね。

誠実な男性は、過去を持ち出すのではなく今のふたりの状態に目を向けます。解決して先に進みたい気持ちがあれば、昔のことを話題にしようとは思いません。

「いま話し合うべきことは何なのか」を明確にできるのが、彼女との関係を良くしたいと思う男性が持つ姿勢です。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます