「付き合う気は今のところないけれど、とりあえずキープしておこう」と自分に好意を向ける女性を側におきたがる男性は結構います。

向き合うつもりはないのにいい顔をしたいのは、「好かれている自分」を無責任に楽しんでいたいから。

こんな男性に無駄な時間を費やさないためにも、キープしたがる男性の特徴と対策を知って回避しましょう!

女性をキープしたがる男性の特徴

1:「気持ちはうれしい」「友達でいよう」とはっきり振らない

「あなたのことが好きなのだけど」と言われたら、誠実な男性なら答えをしっかり返します。

もし同じ気持ちでないのであれば、一方的に期待を持たせるような関わり方は女性に失礼だと思うからです。

一方で、キープしておきたい男性は「気持ちはうれしいよ」と言いながら交際するとも決めずはっきり振ることもせず、女性に“そのままでいること”を望みます。

「今すぐは付き合えないけど、友達でいよう」など、自分にとってだけ都合のいいあり方を提案することも。

答えをうやむやにされたら、「好かれていたいだけかも」と疑ってみましょう。

2:「今は事情があって」と付き合えない理由を持ち出す

女性をキープしたい男性の中には、「今は事情があって、誰とも付き合えないんだ」など嘘をついて女性を引き止める人もいます。特に、女性は真剣な好意を向けてくるけど自分はそうでもない、という状態で起こりがちです。

「それなら待ってる」と言わせれば非を負うことなくキープできるので、女性にはどうしようもないこんな言葉で縛ろうとするのですね。

“だから俺のことを諦めないでね”が男性の本音なので、これを言われたら「じゃあ仕方ないね」と引き下がる姿を見せましょう。

どんな事情があるにせよ、答えを先延ばしにする男性に誠意があるとはいえません。

3:「かわいいね」「好きになりそう」など気のあるフリをする

応えるつもりはないものの、好きではいてほしい。そんな男性は、キープしたい女性に向かって「今日もかわいいね」「デートしたいな」など気分を上げる言葉を吐いて好意をつなぎ止めようとします。

好きな男性に気のある言葉をかけられたら、誰だって舞い上がりますよね。

それが狙いであり、関心がある様子を見せていれば自分から離れていかないだろうと思っています。

こんな男性には、「じゃあ好きになった?」とはっきり尋ねると真意がわかります。

決定的なことは言わずに好意だけ引っ張ろうとする男性は、答えを求められるとしどろもどろになるのがほとんど。

上辺だけの言葉に流されないよう、どうしてそんなことを言うのかを考えましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます