新型コロナウィルスの影響で、最近はマスクをすることが当たり前になってきました。

今までのマスクなしの時と同じメイクをしている、なんて女性も少なくないはず。しかし、マスクをしていることによって今までと同じメイクではNGなことも!

今回は、男性に好印象を与えるマスクメイクと、やりがちNGマスクメイクをご紹介します。

男性に好印象を与えるマスクメイクって?

男性に実際に聞いた意見によると、マスクを外してメイクが崩れていたり、マスクにべったりメイクがついていたりするのが気になるようです。

こういった点に気をつけるには、以下のポイントを意識するとGood。

1:ベースメイクは薄付き&ティッシュオフが重要!

年齢を重ねていくと、シミなどが気になってついしっかりとベースメイクをしてしまいますが、それは崩れやすい原因にもなります。

今は、トーンアップUVやBBクリームなども出ていますので、ベースメイクは薄付きにするのがGood。

BBクリームや薄付きのリキッドファンデーションを塗ったら、油分をしっかりティッシュオフ。

チークはクリームチークかリキッドチークにして、ファンデーションの後にオンするのが良いでしょう。

その上から、パウダーをはたけば、チークをサンドイッチすることができますので、マスクについてしまうことはありません。

リップも同様に、塗った後にティッシュオフし、上からルースパウダーを指でポンポンと乗せるだけで、マスクにつきにくくなりますよ。

2:明るめの色味のアイメイクを意識する

マスクは表情が暗くなりがちなので、明るめのカラーのラメやパールタイプのアイシャドウを選ぶとGood。

涙袋にキラキラのシャドウを入れるのもオススメ!

ただし、強調しすぎると不自然になってしまうので、さりげない色味をチョイスしてくださいね。

また、チークをしても隠れてしまうので、マスクメイクではチークよりもハイライトに重きを置いても良いでしょう。

ハイライトを入れるCゾーンはマスクから見えますので、少し奮発して良いハイライターを買っても良いかもしれません。

ちなみに、ハイライトをCゾーンに入れると、シミも光で飛ばして目立たなくすることができますので、今までハイライトはしていなかったという女性にはぜひこれをきっかけにチャレンジしてみてほしいメイク技です。

3:目鼻立ちをくっきりさせるために、眉はしっかり描く

マスクメイクの時は、いつもよりも眉を気持ち濃いめに描くとGood。そうすることによって、目鼻立ちをくっきり見せることができます。

また、鼻根にハイライトを乗せ、ノーズシャドウを入れるのもオススメ。

しっかり立体感を出していくのもマスクメイクのポイントです。

4:フェイスラインをすっきりさせるヘアスタイル

最近の流行のヘアスタイルは、小顔に見せるために前髪を狭めにとって顔周りにつなげるスタイルでしたが、このヘアスタイルはマスクをすると暗い印象を与えがち。

マスクメイクの場合は、フェイスラインはすっきりさせた方が明るい印象を与えることができてGood。

また、前髪もウザバングよりは眉あたりでカットするか、思い切ってあげてしまう方が良いでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます