男性を気に入ったとしても、一度「この人は無理」と思うとそこから先はなかなか恋愛関係へと発展しません。友達としてしか思えない以上、アプローチされても少し困りますよね。

その男性にはそろそろ現実に気づいてもらわないと大変なことに。今回は、友達止まりで終わっていがちな男性の特徴を紹介します。

友達止まりで終わってしまいがちな男性はこんなタイプ!

1: 友達期間が長く恋愛対象にはならない

出会った時点から友達としてしか認識できない、さらには男友達として付き合っている期間が長いとなかなかそこから恋愛対象にはなりません。

いくら相手がふとしたタイミングで自分のことを好きになったとしても、今すぐには好きにはなれないでしょう。

お互いにフリーだったとしても恋愛感情をもてないと分かっているなら男性には必要以上に優しく接しないことが大切です。

何回アプローチされても「友達としてしかみれない」と断り続けるしかありません。

2: 基本的に良い人だけど自分の話が多い

外見的にも内面的にもあまり問題はなく、基本的には良い人。しかしあまりにも自分の話が多く、女性側の話を聞き出せない人はどちらかというとNG

どんなにイケメンだったとしても、自分がつらいときに受け止めてもらえないのは少し違いますよね。

男性としては自分の自慢話をすることで相手の女性を惹きつけるのが狙いだったとしても、おそらく逆効果です。

自分の話をするというより女性側の話を引き出せる人こそ本当に仕事がデキる男性ではないでしょうか。

3: 見た目がタイプではない

見た目だけでは判断できないし、必ずしも内面の美しさと比例しているわけではないと分かっていても、どうしても見た目は重要な判断材料になってしまうのが恋愛市場です。

かっこいいかどうかというよりも見ていて安心できるかどうかが大事と考える人もいるでしょう。ただし、つい無意識のうちに見た目で判断するのはお互い様。

つまり男性側も同じように見た目も判断材料になりますから、自分自身も常に磨いておく必要があります。

あきらかに見た目がタイプではないと分かっているなら期待させずに、そっとフェードアウトすることがお互いのためになります。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます