彼氏に愛されすぎて辛いなんて、誰にも相談できませんよね。本人は真面目に悩んでいても、周りに話せば「それは贅沢だよ」と言われてしまうからです。

筆者もかつて束縛が強い男性と付き合ったことがありますが、毎日自分のすることなすことを逐一報告するのは、とても窮屈でした。

どこかでストレスを感じていながらも、「大好きだよ」と話す彼氏に嫌悪感を抱いたこともあります。

「好きでいてくれるのに悪いな」と思いつつも、我慢はやがて無理がくるものです。

彼氏が重いときは別れも視野にいれつつ、話し合いに運ぶのもいいでしょう。話し合いで解決できるのなら、これ以上のことはありません。

今回は、彼氏の愛情が「重い」と感じるケースと、その対処法を紹介します。

彼氏の束縛が重い…困ったときの対処法

1: 愛情表現が怖いとそれとなく伝える

「いますぐ結婚したいくらい好き」など、まるでうっとりするような幸せな言葉ですが、これは女性側の気持ちが男性に比例していなければ「重い」と感じてしまうことも多いと思います。

「ありがとう」と言って見せても、彼氏は「私も結婚したい」というあなたからの返しがないことに不満を感じていることもあるでしょう。

そんなときは「結婚したいほど好き」ということを汲んであげるのがベスト。

「そんなに好きでいてくれてるんだね」と認めたうえで「でも親族も含む大切なことだから、ふたりで決めようね」と律することが必要になります。

2: 「束縛されていると感じる」と伝える

彼氏に予定を報告する義務もないですし、あなたの行動を制限されるようなことはきちんと怒る。これをできていない人も多いのではないでしょうか。

「ありがとう」などのお礼を言うことは、束縛彼氏に「喜んでいる」と勘違いさせてしまう原因になるからです。

恋人なのですから、いやなことは「いやだ」と伝えた方がお互いのためし、許せないところはしっかりと線引きをしたいものです。

ストレートに「束縛に感じるよ」と伝えるのもいいでしょう。束縛されることで、あなた自身がどんな気持ちになるのかも併せて伝えましょう。

3: それぞれ一人の時間を持つ

似ているようで非なるものに「好き」と「依存」があるります。

多くの男性は「好きだから付き合っている」と勘違いしていますが、なかには依存状態であることもたしかに存在します。

「暇になって寂しいから」という理由で彼女を呼び出したり、「一緒にいないと落ち着かない」という心境になったりするのは依存状態であるということを、まずは理解したいですね。

あえて連絡を遅らせるなどして、あなたの時間を優先させていいと思います。

それでも彼氏がしつこく連絡してきたり、急に自宅に来訪してくるようなら別れを考えた方が良いかも。

自分のメンタルコントロールができない、すなわち自立できていない人との恋愛は共倒れになる可能性が高いからです。

付き合っていると、つい「彼女も同じくらい愛してくれている」という錯覚に陥りますが、その都度ふたりのなかで釣り合っているとは考えられません。

本当にあなたのことを思いやり考えてくれる男性の場合は、追いつかない彼女の感情さえも大切にして待っていてくれるものです。

「仕事と友達と俺、どれが大事なの?」などと、つまらないことで怒り出す彼氏は、時間の問題で破局を迎えます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます