ステイホームが叫ばれる今、自宅時間を楽しむ方法として注目されている再生野菜、リボベジ。残った野菜の根やヘタの部分から、葉の部分を再生させ、食用として再利用するというものです。

今回は、リボベジ食材(豆苗・にんじんの葉・だいこんの葉)を使った簡単レシピを3つご紹介いたします。

汗をかくこの時期には貧血予防もできるリボベジレシピ

 貧血予防・改善に!豚レバー豆苗炒め

【材料】2人前

  • 豚レバー 200g
  • 牛乳 適量
  • 塩、こしょう 少々
  • 片栗粉 適量
  • 豆苗 1パック分
  • もやし 100g
  • サラダ油 大さじ1/2
  • ★おろしにんにく 小さじ1
  • ★おろししょうが 大さじ1
  • ★しょうゆ 大さじ2
  • ★オイスターソース 大さじ1
  • ★酒 大さじ1/2
  • ★砂糖 小さじ2
  • ★顆粒中華だし 小さじ2
  • ★片栗粉 小さじ1/2

【作り方】

  1. 豚レバーは食べやすい大きさに切り、牛乳に20分程浸け、水洗いして水気を切る。塩こしょうし、片栗粉をまぶす。
  2. 豆苗は根元を落とし、半分の長さに切る。★は、合わせる。
  3. フライパンにサラダ油を熱し、➀を焼き、表面がカリッとしたら取り出す。
  4. 同じフライパンで、そのままもやしを炒める。
  5. もやしに透明感がでたら、豆苗を加え、ややしんなりしたら、豚レバーを加える。
  6. ★を加え絡め、とろみがついたら完成。

 
リボベジ食材の代表とも言える豆苗。豆苗には、細胞分裂に関わり、赤血球を作るのを助ける葉酸が含まれているため、貧血の予防や改善に繋がります。妊娠を希望する方には是非とっていただきたい栄養素でもあります。

赤血球の構成成分である鉄やたんぱく質を多く含む豚レバーもいっしょに摂ることで、さらに効果が期待できます。貧血になりやすい女性におすすめの一品です。

猛暑のときに失われやすい栄養素を補給するリボベジレシピ 

 夏バテ知らず!にんじんの葉とツナのサラダ

【材料】2人前

  • にんじんの葉 にんじん1/2本分
  • たまねぎ 1/2個
  • ツナ缶 1個
  • お好みのドレッシング 適量

【作り方】

  1. にんじんの葉は食べやすい大きさに切る。たまねぎは薄切りにして、水にさらす。ツナ缶は油を切る。
  2. にんじん、たまねぎ、ツナを混ぜ合わせる。
  3. 器に盛り、お好みのドレッシングをかける。

にんじんの葉に含まれるカリウムは、ナトリウムの排泄を促し、高血圧やむくみの予防・改善になるだけでなく、細胞内液の浸透圧や神経の興奮性や筋肉の収縮などに関わっています。

大量に汗をかくと失われやすく、不足すると脱力感や筋力の低下、不整脈などを引き起こしたり、熱中症になった際の回復に影響を及ぼしたりします。

カリウムは水に溶けやすいため、煮たり茹でたりせず、そのまま食べるのがおすすめ。

丈夫な体を作るために、たんぱく質が豊富なツナもいっしょに摂ると、さらに夏バテ予防にオススメです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます