気になる人のことを「もっと知りたい!」と思うのは女性も男性も同じはず。

特に好きな人に対しては、どんな人なのか知りたくて、色々と質問したくなるものです。

今回は、実際に男性たちに聞いた意見をもとに、男性が本命候補の女性に、つい聞いてしまうことについてご紹介します。

男性が“本命候補”の女性につい聞いてしまうこと

1:家族や友達のこと

「アラサーになると、次に付き合う人とは将来のことも考えたいと思うので、家族のこととか友達のこととか聞いてしまいます。

家族構成についても気になるし、家族や友人との接し方でその人の深いところもわかる気がするので」(32歳/企画)

真剣にお付き合いしたいと思っている相手なら、相手の家庭環境や家族構成、友人関係のことも気になるのはうなずけます。

家族や友人など、周囲の人との人間関係の構築の仕方で、人となりが分かりますし、もしお付き合いして結婚をしたら、自分の家族や友人とどのように付き合っていくのか確認したい、という気持ちのあらわれなのかもしれませんね。

2:食に関すること

「デートに誘う時は、大体食事に誘うことからスタートするので、好きな食べ物について質問しちゃうかも。

美味しいお店を調べて誘うとナチュラルだし、スマートかな、と思うので(笑)」(24歳/広報)

どうせデートに誘うなら、彼女の好きなものを食べさせてあげたい、という気持ちも本命候補だからこそ。

また、男性は好きな女性の前では格好をつけたいと思うので、スマートなデートの誘い方かどうかも気になるのでしょう。

もしも好きな食べ物について質問されていて、「〇〇の美味しい店見つけたから行かない?」のようなデートのお誘いを受けていたら、脈あり度は高めかもしれません。

3:趣味や夢中になっていること

「本命候補だからこそ、相手の趣味や今ハマっていることがなんなのか気になる!

共通の趣味ならデートに誘いやすいし、もし自分が詳しくない分野だったら教えて〜! って仲良くなるきっかけになるし」(31歳/広告代理店勤務)

趣味や今ハマっていることからもデートのお誘いに繋げやすい、という声が多くありました。

女性側としても、好きな男性の趣味や今ハマっていることが何なのか気になりますよね。

共通の趣味が見つかるとテンションも上がりますし、距離を縮めるきっかけになると思うのは、男性も同じようです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます