「テューダー朝」の展示風景。展覧会は章ごとに壁紙の色を変え、時代の変遷をわかりやすく演出する
フォトギャラリー『KING&QUEEN展』の肖像画をもっと見る
  • 展覧会ナビゲーターは『怖い絵』シリーズで知られる中野京子さん
  • ブライアン・オーガン《ダイアナ妃》 チャールズ皇太子との婚約を記念して制作された肖像画。現代的な服装の肖像画であることは当時話題となった
  • ダイアナ妃の肖像も多く展示されている
  • ドロシー・ウィルディング撮影、ベアトリスジョンソン彩色《エリザベス2世》(1952年) 。エリザベス2世の即位直後に制作された。
  • 「スチュアート朝」展示風景よりゴドフリー・ネラー《アン女王》(1690頃)。イングランドとスコットランドを統合したことで知られる。

2020年10月10日(土)、上野の森美術館で 『ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリー所蔵 KING&QUEEN展―名画で読み解く 英国王室物語―』が開幕した。2021年1月11日(月・祝)まで開催されている。

この展覧会は、世界屈指の肖像画専門美術館であるロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリーが所蔵する王室の肖像画や肖像写真、約90点を展示するもの。

テューダ―朝から現在のウインザー朝までの肖像を通して、世界中を虜にした王室の物語だけでなく、王室の権力の誇示の仕方なども読み解いていく。

展覧会冒頭に登場するのは、現在の女王、エリザベス2世。歴史上最も多く肖像画に描かれた人物の一人だ。

ピエトロ・アンニゴーニ《エリザベス2世》1969年

会場は時系列順に5章構成。「テューダー朝」、「ステュアート朝」、「ハノーヴァー朝」、「ヴィクトリア女王の時代」、そして現在の王室「ウィンザー朝」まで、それぞれの王や女王、時代のトピックを解説したパネルとともに肖像画が展示される。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます