『もうひとつの江戸絵画 大津絵』『もうひとつの江戸絵画 大津絵』
フォトギャラリー「もうひとつの江戸絵画 大津絵」の写真をもっと見る
  • 右:《提灯釣鐘》日本民藝館蔵(浅井忠→柳宗悦)中央:《太夫》静岡市芹沢銈介美術館蔵(浅井忠→中井浩水→山内神斧→芹沢銈介)左:《鬼の行水》星野画像蔵(浅井忠→澤部キヨ五郎)
  • 中央:《傘さす女》笠間日動美術館蔵(梅原龍三郎→(益田孝)→益田義信→小絲源太郎)
  • 右:《青面金剛》日本民藝館蔵(水谷良一→棟方志功) 左:《鷹》大津市歴史博物館蔵(白洲正子)
  • 右:《長刀弁慶》日本民藝館蔵(柳宗悦)左:《鷲》日本民藝館蔵(森井利喜→柳宗悦)
  • 右:《雷と太鼓》笠間日動美術館蔵(北大路魯山人)左:《鬼の念仏(看板)》笠間日動美術館蔵(北大路魯山人)

東京ステーションギャラリーで現在開催中の展覧会、「もうひとつの江戸絵画 大津絵」(11月8日まで)。

大津絵とは、江戸時代初期より、東海道の宿場である滋賀県・大津周辺で量産されたお土産用の絵のこと。

わりやすく面白みのある絵柄を、合羽刷りという型抜き版画で描き、庶民の間で気軽なお守りとして人気を博して大量に販売されたが、江戸時代の終焉とともに徐々に衰退し、姿を消してしまったという。

《藤娘》笠間日動美術館蔵《藤娘》笠間日動美術館蔵

「鬼の念仏」「猫とネズミ」「藤娘」など定番モチーフに描かれた鬼や人、動物たちの姿は、なんともユーモラスで愛嬌がある。

そんな大津絵の独特の魅力にハマったのが、富岡鉄斎や梅原龍三郎、柳宗悦ら、明治期以降のそうそうたる画家や文化人、実業家たち。彼らはその収集にのめりこみ、大金を投じて入札合戦を繰り広げたそう。

昭和戦後期には、多くの名品が失われたり、著名なコレクターが亡くなったりしたことでコレクションの大半は散逸。

一部は海外へと渡り、欧米の博物館に所蔵されたり、パブロ・ピカソら芸術家も大津絵を愛好し所有したという。

ピカソもこれと同じモチーフを所蔵したという。《猫とネズミ》笠間日動美術館蔵ピカソもこれと同じモチーフを所蔵したという。《猫とネズミ》笠間日動美術館蔵
「ぴあWEB」更新情報が受け取れます