浮世絵師たちによって描かれた「江戸の食」をテーマにした展覧会『おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~』。7月15日(水)から9月13日(日)まで、森アーツセンターギャラリーにて開催され好評を博した展覧会が、10月8日(木)より、『デジタル展覧会:豆腐小僧とゆく、おうちでおいしい浮世絵展』と題し、有料配信されることが決定した。

内容は、森アーツセンターギャラリーで撮影した作品紹介映像と作品解説を通じて、展覧会の魅力をデジタル上でも体験できるもの。展覧会で人気の高かった《見立源氏はなの宴》、《日本橋魚市繁榮圖》など主要作品を中心に、テーマに沿った構成で浮世絵と江戸の食を紹介していく。

デジタル展覧会のナビゲーターは、《夭怪着到牒》(北尾政美、都立中央図書館特別文庫室蔵)に描かれる豆腐の妖怪「豆腐小僧」。展覧会で音声ガイドのナビゲーターを務めた声優の江口拓也が「豆腐小僧」の声で出演する。

【概要】
『デジタル展覧会:豆腐小僧とゆく、おうちでおいしい浮世絵展』
「PIA LIVE STREAM」にて、10月8日(木)~11月上旬まで約1ヶ月間配信予定。
  価格:900円(予定)

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます