有村架純 撮影:須田卓馬

佐藤健、武井咲、新田真剣佑ら豪華キャストが集結するアクション超大作『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が現在公開中だ。

かつて剣心が愛し、自らの手で斬殺してしまった女性・雪代巴を演じた有村架純に話を聞いた。

フォトギャラリー【有村架純】インタビューフォト&映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』場面写真を見る
  • 有村架純 撮影:須田卓馬
  • 有村架純 撮影:須田卓馬
  • 有村架純 撮影:須田卓馬
  • 『るろうに剣心 最終章 The Beginning』 © 和月伸宏/集英社  © 2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会
  • 『るろうに剣心 最終章 The Beginning』 © 和月伸宏/集英社  © 2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

巴は、とても凛々しい女性だと思いました

雪代巴。それは、『るろうに剣心』ファンにとっては、特別な存在だ。

かつて剣心が愛し、自らの手で斬殺してしまった女性。そして死してなお剣心の中で生き続ける女性。

同作の実写映画化が決まったときから、ずっと誰が巴を演じるのか注目され続けてきた。

そんな期待と不安が交差する中、幕を上げた映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』。

スクリーンに現れた有村架純の雪代巴は、息を飲むほど美しかった。儚く、憂いげで、その佇まいから悲しみの音が聞こえてくる。

有村架純 撮影:須田卓馬

「最初に原作と一緒に企画書と台本をいただいて、大友(啓史)監督がいかにこのエピソードに懸けているか、その想いをマネージャーさんを通して聞きました。すごく大事な役だからという言葉を聞いて、正直に言うと最初は怖かったです。

だけど、そんな大事な役を『3月のライオン』でご一緒した大友監督が私に託してくれた。そのことがうれしくて。『3月のライオン』から3年経って、あのときいただいたものを今の自分なら何か違うかたちでお返しできるかもしれないと思ってお受けしました」

ひとつひとつの言葉を確かめるように、有村架純はゆっくりと話す。質問を受けてからも、ぴたりとあてはまる言葉が出てくるまで、黙ってじっくり考える。軽はずみに沈黙を埋めようとしない。誠実で、嘘のない人だ。

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』 © 和月伸宏/集英社 © 2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

「巴は、とても凛々しい女性だと思いました。一輪の花が似合うような。巴を花に例えると薔薇とかチューリップとかわかりやすいものではなく、そんなふうに目立つ花を陰で支えてくれる花ですね」

それは、少し意外な回答に思えた。許嫁の清里明良を剣心に殺され、復讐のために剣心に近づく巴は、悲劇の印象が強かった。

なぜ有村架純は凛々しいと感じたのか。そう質問を重ねると、彼女はまた扉をひとつ開けるようにして話しはじめた。

「確かに巴の運命はとても残酷なものだったと思います。でもどんな選択も、彼女は自分で考えて、選んだものだと思ったんですね。剣心に近づこうとしたのも、剣心のそばで自問自答しながらそれでも一緒にいようとしたのも、巴が自分で選択したこと。

そこに、清里と剣心という2人の男性を想い続ける熱量を感じたというか。その芯の強さを思ったときに、ただ儚いだけじゃない、凛々しさというものを感じました」
 

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます