《パレメチュシグのミイラ・マスク》 後50~後100年頃 ©Staatliche Museen zu Berlin, Agyptisches Museum und Papyrussammlung Berlin / M. Busing

東京都江戸東京博物館にて、『国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話』展が、11月21日(土)から2021年4月4日(日)まで開催されることが決定した。

ベルリン国立博物館は、ロンドンの大英博物館、パリのルーブル美術館などと並ぶ世界有数の総合博物館。その一部門を成すエジプト博物館は、数千年にわたるエジプト史を網羅するエジプト・コレクションを有している。

同展は、その膨大なコレクションから、「天地創造と神々の世界」「ファラオと宇宙の秩序」「死後の審判」などのテーマに沿った作品を選りすぐり、古代エジプト神話に焦点を当てるもの。ミイラ・マスクや死者の書、棺や像、陶磁器など、国立ベルリン・エジプト博物館が誇る多数の優品が来日する予定だ。

貴重な古代エジプトの美術品・文化財とともに、天地創造の神話を巡る時空を超えた旅が味わえるはず。この機会をお見逃しなく!

【開催情報】
『国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話』11月21日(土)~2021年4月4日(日)まで東京都江戸東京博物館にて開催

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます