東京ディズニーランド「美女と野獣“魔法のものがたり”」 ©Disney

2020年9月17日、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、東京ディズニーランドの大規模開発エリアを9月28日にオープンすることを発表しました。

当面は、健康と安全のための対策として新施設の利用人数の制限などを実施し、慎重に運営していくとのこと。

このうれしいニュースと一緒に発表されたのが、「エントリー受付」と「スタンバイパス」の導入。

なんだか聞き慣れない言葉ですね。

今回は東京ディズニーリゾートに新しく導入される、この2つのサービスについて解説していきます。

フォトギャラリーフォトギャラリー 東京ディズニーリゾート 「エントリー受付」と「スタンバイパス」って何?
  • 東京ディズニーランド「美女と野獣“魔法のものがたり”」
  • 東京ディズニーランド「ベイマックスのハッピーライド」
  • 東京ディズニーランド「ミニーのスタイルスタジオ」
  • スター・ウォーズ: ライズ・オブ・ザ・レジスタンス
  • 東京ディズニーランドのポップコーン専門ショップ「ビッグポップ」

どちらも「ゲストの密集防止」が目的

東京ディズニーランドのポップコーン専門ショップ「ビッグポップ」 ©Disney

これまで、東京ディズニーリゾートでは、アトラクションの乗車整理券として「ディズニー・ファストパス」が発行されていました。

しかし、7月1日の営業再開以降、混雑防止のため、ファストパスの発行は行われていません。

新しく導入される「エントリー受付」と「スタンバイパス」は、アトラクションやキャラクターグリーティング施設に、たくさんのゲストが並ばないようにするための仕組みです。

どちらも申し込み・発行には、東京ディズニーリゾートの公式アプリが必要に。

それでは、どのような仕組みか見ていくことにしましょう。

ショー抽選に近い?「エントリー受付」

東京ディズニーランド「ベイマックスのハッピーライド」 ©Disney

「エントリー受付」は、アプリで利用したい施設と時間帯を選び、そのエントリーが通れば利用できる、というもの。

ただし、受付の結果、アプリ上に「ご希望のコンテンツをお取りできませんでした」と表示された場合は、対象施設を利用することはできません。

先着順ではないため、申し込む時間帯などによって、その結果が変わってきます。

休園前まで行われていた、ショー抽選の仕組みと似ていますね。

施設を利用できる時間は、希望した時間帯の中からランダムに決まるため、注意が必要です。

キャラクターグリーティング施設は、入場するゲストの集中を避けるため、体験できる人数が絞られています。

以下は「エントリー受付」の対象施設です。

2020年9月19日から

  • 東京ディズニーランド
    • ウッドチャック・グリーティングトレイル
    • ミッキーの家とミート・ミッキー
  • 東京ディズニーシー
    • ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル(ミッキーマウス、ミニーマウス)
    • “サルードス・アミーゴス!”グリーティングドック

2020年9月28日から

  • 東京ディズニーランド
    • 美女と野獣“魔法のものがたり”
    • ベイマックスのハッピーライド
    • ミニーのスタイルスタジオ

これらの対象施設では、従来の「スタンバイ」のように、並んで待つことはできません。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます