パレードを見ながらビールが飲めるぞー!

東京ディズニーリゾートで酒といえば、東京ディズニーシーですが、ついにこの時がやってきました。

2020年10月1日より、東京ディズニーランドでアルコールのテスト販売が開始。

一般ゲストも東京ディズニーランドで酒が飲めます。

フォトギャラリー写真で紹介! 限定アルコール&おつまみ TDS ディズニー・ハロウィーン2019
  • ユカタン・ベースキャンプ・グリル「スパークリングカクテル(ワイン&フルーツ)」680円
  • ニューヨーク・デリ「ディタコーク」680円
  • カフェ・ポルトフィーノ「ワインカクテル(カシス&パッションフルーツ)」680円
  • ドックサイドダイナー「スパークリングカクテル(ブルーベリーリキュール&グレープドリンク)」680円
  • バーナクル・ビルズ「ウイスキー&オレンジカクテル」680円

4店舗限定

アルコールが販売されるのは、東京ディズニーランド内のテーブルサービス4店舗です。

<ワールドバザール>
イーストサイド・カフェ
れすとらん北齋

<アドベンチャ―ランド>
ブルーバイユー・レストラン

<ウエスタンランド>
ザ・ダイヤモンドホースシュー

店舗からのアルコール類の持ち出しは禁止。

レストランの利用は、事前席予約(プライオリティ・シーティング)が快適です。

ランドでの販売はテスト

東京ディズニーランドでのアルコール販売は、テスト運用。

アルコール販売が定着する前も後も、粗相のないように楽しんでいきたいですね。

ワイン(白・赤)ビールが飲める

提供予定のアルコールは、赤ワイン(グラス)、白ワイン(グラス)、ビール(グラス)です。

また、和食レストラン「れすとらん北齋」で提供されるアルコールはビールのみ。

れすとらん北齋のロースカツや天ぷらと一緒に味わうビールは最高でしょうね。

イクスピアリのクラフトビールも美味い

東京ディズニーリゾートでビールといえば、東京ディズニーシーで提供されるビールを思い浮かべる方も多いと思いますが、東京ディズニーリゾートの玄関口にある商業施設「イクスピアリ」のビールも、沢山のファンを抱えているのをご存知でしたか。

イクスピアリ4階には、地ビール工房があり「ハーヴェスト・ムーン」というクラフトビールが製造されています。

「ジャパン・グレートビア・アワーズ2020」では、ゴールドを含む11個のメダルを受賞。

国内外のコンペティションで受賞を重ね、日本にわずかしかいないビアテイスターの最高位資格「マスター・ビアジャッジ」の称号を持つビール職人が、ゆっくりと時間をかけて造りあげる至高のビールです。

「ハーヴェスト・ムーン」は、イクスピアリ・イクスピアリオンラインショップ・東京ディズニーシーの一部店舗などで販売されていますが、今後東京ディズニーランドでも販売されるのかが、注目のポイントと言えるでしょう。

 

東京ディズニーランドでのアルコールのテスト販売は、2020年10月1日より開始されます。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます