斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN/ XIIX)/(Vo&Gt)

何かしら生でアクションを起こしたいとずっと思っていた

2020年7月15日(水)に生配信ライブ「USG 2020 “LIVE (in the) HOUSE”」を開催するUNISON SQUARE GARDEN。ファン投票をもとにした“リクエストワンマンライブ”は、彼らのキャリアにとっても、きわめて意義深いものになりそうだ。

バンド史上初となる生配信ライブに向けて、斎藤宏介(Vo&Gt)、田淵智也(Ba&Cho)、鈴木貴雄(Dr&Cho)にインタビュー。第1回は、斎藤宏介にコロナ禍以降の心境やバンドの動き、生配信ライブに対する意気込みなどを訊いた。

── 7月15日に行われる生配信ライブ「USG 2020 “LIVE (in the) HOUSE”」についてじっくり聞きたいと思っています。その前に、これまでの経緯について。4月に予定されていたツアー「fun time HOLIDAY 8」が中止になった後のことから教えてもらえますか?

斎藤 その時期は世の中的にもライブの延期が続いていましたけど、「わりとすぐにできるんじゃないか」みたいな雰囲気があったと思うんですよ。それが時間が進むにつれて、「2020年は、今までのようなライブをやるのは厳しいんじゃないか」という感じになってきて。

日々状況が変わってく感じに気を取られてたし、Twitterとかを見ててもイライラしてる人が多かったから、「だったら自分にできることを淡々とやったほうがいいんじゃないかな」と思い始めて。

── UNISON SQUARE GAREDNとしては、状況がはっきりするまで次の動きは決められないという感じだったんですか?

斎藤 そうですね。ただ、次の動きを決めても、それができなくなるということの繰り返しで。そういう確実性のない予定には100%のモチベーションを持てないなと思っていたし、どうしたものかなと。

7月15日に関しては、ある会場を押さえていたんですよ、じつは。その後、コロナでライブができなくなり始めたわけですけど、お客さんを入れなければ確実性のある目標のひとつになるということで、そこに向かって進んでいこうと。なので無観客配信ライブに対しては、みんな前向きに、「やろう!」っていう感じでしたね。

あと、リスナーたちもおそらく、同じようにモヤモヤだったり不安だったりするなかで、生存報告したいなっていうのがあって。僕らは元気にやってますよっていうのをライブという形で示せたらいいなと。

── ファンを安心させたい、という気持ちもあった?

斎藤 というか、バンドがちゃんと動いてるっていうことを知ってもらいたくて。自分たちが日々何かをしてても、それが世に出ないと止まってるのとまったく同じになっちゃうから。何かしら生でアクションを起こせることをしたいなというのはずっと思ってましたね。

斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN/ XIIX)/(Vo&Gt)

聴きたい曲のリクエストを募ったら興味深い結果に

── 生配信ライブはユニゾンにとっても初の試みです。どんなライブになるか、イメージはありますか?

斎藤 (取材の時点では)まだリハーサルも入ってないので、ちょっとわからないですね。でも、始まっちゃえば元に戻るんだろうなっていう、なんとなくの安心感はあって。リアルタイムでの放送なので、ネット越しではあるんですけど、同じ時間に観ている人と楽しめるっていうのはうれしいなと思いますね。

(収録した映像を)ちゃんと整えてから時間差で出すということ、リアルタイムでやるというのは、どっちも良さがあると思うんですけど、確か貴雄(鈴木貴雄/Dr)だったかな、「どうしてもリアルタイムでやりたい」と言ってたので、じゃあ生でやろうという感じですかね。

── 今回の生配信ライブは、事前にライブで聴きたい曲のリクエストを募っていて。これはメンバーのアイデアなんですか?

斎藤 そうですね。楽しんでほしいというのが一番なんですけど、家でライブを観ることの楽しさを発見してほしいと思っていて。そのひとつとして、自分が投票した曲を聴けるという喜びを感じてもらえたらなと。

いろんな場所に住んでる人が、ひとつのところに向かって一緒に作っていく感覚を味わってもらうことで、さらに配信ライブを楽しんで貰えるんじゃないかなって。

── 投票結果もすごく興味深かったです。

斎藤 ちゃんと自分たちのことを知ってくれてるんだなと思いましたね。僕らの中でも大事にしてる曲が上位にきてるし、ライブでほとんど披露してないシングル曲の『Phantom Joke』が、めちゃくちゃ投票数が多かったりとか。UNISON SQUARE GARDENを前から知ってくれてるんだなっていうのをすごく感じるチャートではありました。

基本的にはミュージックビデオがあるような曲、ライブでよくやってるような曲が上位にあったんですけど、たまにアルバムの中のさりげない一曲とかが入ってたりして。「静謐甘美秋暮抒情」とか。こういう曲調のものを好んでくれる人がいるんだなとか、楽しかったですね。もうセットリストも決まってるんですよ。

── では、あとはリハをやって本番を迎えるだけという。

斎藤 そうですね。いろいろ取り戻しつつ、7月15日にはちゃんと元通りの、いつもどおりのUNISON SQUARE GARDENになってたいなと思ってます。

おかげさまで自粛期間中も毎日音楽はやってたので、そこがなまってるっていう心配はまったくないんですよ。あとは3人が、どういう感じで演奏してたかっていうことを取り戻せれば、何の問題もないと思います。

レコーディングも再開していて、ライブとは全然違うものですけど、一緒にものを作ることは始まってるので。

── 止まっていたアルバムの制作も再開して。

斎藤 はい。アルバムもほぼ完成していて、個人的にもバンド的にもすごくテンションが上がってるというか、「いいものができたぞ」という実感に溢れていて。それをとにかくいい形で聞いてもらえるようにしたいなっていうのが、今後の目標ですね。

── すごく楽しみです。オーディエンスのみなさんも生配信ライブを心待ちにしていると思いますが、ファンの方々に向けて、今伝えられることってどういうことでしょうか?

斎藤 なんだろう……。とりあえず僕らにとってもすごく久し振りのライブなので、そこはまず、自分たちも楽しみたいなと。あとは時代に合わせて臨機応変に、前向きにバンドを動かしていきたいっていうスタンスでやっているので、そこも一緒に楽しんでもらえたらうれしいなとは思います。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます