『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』 ©2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project

全国映画動員ランキングTOP10(10/30-10/31)

10月30日(土)、31日(日)の全国映画動員ランキングが興行通信社から発表されました。『ソードアート・オンライン』シリーズ最新作など3作品が新たにランクインしました。

先週のTOP3は1位『映画トロピカル~ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!』、2位『燃えよ剣』、3位『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』でした。ランキングはどのように変動したのでしょうか?さっそく10位から発表していきます。

フォトギャラリー映画動員ランキングトップ10を画像で見る
  • 『DUNE/デューン 砂の惑星』
  • 『DUNE/デューン 砂の惑星』
  • 『DUNE/デューン 砂の惑星』
  • 『CUBE 一度入ったら、最後』
  • 『CUBE 一度入ったら、最後』

10位『DUNE/デューン 砂の惑星』

『DUNE/デューン 砂の惑星』 ©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

公開3週目の『DUNE/デューン 砂の惑星』は先週7位から10位に。

本作は、フランク・ハーバートによる小説を基に『ブレードランナー 2049』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映画化したSFアクション大作です。

地球外の惑星に移住した人類が宇宙帝国を築いた世界で、砂の惑星“デューン”をめぐる攻防が描かれます。ティモシー・シャラメが主演を務めるほか、レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザックらが出演しています。

9位『CUBE 一度入ったら、最後』

『CUBE 一度入ったら、最後』 ©2021「CUBE」製作委員会

公開2週目の『CUBE 一度入ったら、最後』は先週5位から9位になりました。

1997年に公開され人気を博した密室スリラー映画を、菅田将暉、杏、岡田将生らでリメイクした本作。監督は本作にも出演している斎藤工によるプロデュース作品『MANRIKI』を手がけた清水康彦監督です。

8位『マスカレード・ナイト』

『マスカレード・ナイト』 ©2021東野圭吾/集英社・映画「マスカレード・ナイト」製作委員会

『マスカレード・ナイト』は公開7週目もTOP10入りです。興行成績は累計で観客動員254万人、興行収入34億円を突破しました。

木村拓哉と長澤まさみが共演する第2弾は、ホテル・コルテシア東京で開催される年末のカウントダウンパーティを舞台に、新田刑事とコンシェルジュに抜擢されたホテルマン山岸の異色バディが、未解決殺人事件の犯人を逮捕しようと奮闘する姿が描かれます。

7位『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

公開5週目の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、先週3位から7位にランクダウンするも、累計では観客動員157万人、興行収入22億円を突破しました。

6代目ジェームズ・ボンドとして全5作の主演を務めたダニエル・クレイグ最後の主演作には、『ボヘミアン・ラプソディ』のフレディ・マーキュリー役でお馴染みのラミ・マレックが悪役で登場します。監督は『ビースト・オブ・ノー・ネーション』のキャリー・ジョージ・フクナガ。

6位『燃えよ剣』

『燃えよ剣』 ©2021「燃えよ剣」製作委員会

公開3週目の『燃えよ剣』は先週2位から6位にダウン。興行収入は累計で8億円を突破しました。

本作は、司馬遼太郎による同名小説を『関ヶ原』の原田眞人監督と岡田准一が再タッグを組み映画化した作品で、新選組副長・土方歳三を主人公に、近藤勇、沖田総司といった新選組の志士たちの人生と、彼らが生きた激動の時代を描きます。共演は、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明ら。

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます