肌にとって過酷な乾燥のシーズン、今年は例年になくマスクの着用時間が長く、それにより、 “マスク老け”が気になっている方も多いのでは?

マスク老けの原因は、やはり肌への負担。肌への摩擦、肌が乾燥し、肌荒れや敏感な状態になると、若々しさが失われ老け感も一層加速します。

マスク老け対策の王道は保湿ですが、肌状態があまりよくないときはマイルドなスキンケアに切り替え、ハリやしぼみ感などの老け対策に肌内部からパワーアップを目指しましょう。

お手頃な価格で買える敏感肌スキンケアが増えていますよね。

刺激性はもちろん抑えているのですが、肌を癒し、ハリやエイジングケアと機能性が期待できるのも嬉しいポイントです。

今のような肌状態が揺らぎやすい時期にぜひ使いたい敏感肌・マスク老け対策コスメをご紹介します。

敏感肌・マスク老け対策コスメ5選

1: カルテH Dシリーズ

2020年、話題の敏感肌コスメ、カルテH Dシリーズ。

保水有効成分「ヘパリン類似物質HD」配合し、乾燥トラブルを癒し、乾燥を繰り返さない肌に導きます。

特に『高保湿化粧水』(150ml 1,980円税込)は美容液がとけ込んだ、とろっとしたテクスチャーで、肌をうるおいで満たすようにすっと伸びて広がります。

肌荒れの時の頼もしい一品です。(写真はトライアル品)

2: イヴ・ロシェ センシティブカモミール シリーズ(2021年1月22日発売)

フランスの自社農場で有機栽培したワイルドカモミールを使用したスキンケア。

肌バリアを整えるオレイン酸をはじめ、 水分と油分のバランスを調整して肌荒れを予防する芳香蒸留水を贅沢に配合しています。

『フェイスクリーム』(50ml 2,400円)は 天然由来成分99%配合で、揺らぎ肌を整え、肌を乾燥からしっかり守ってくれます。

朝使うのにもよく、ヴェールのようにふんわりと優しい表情にしてくれますよ。

3: ビオメディ エッセンスモイストソープ

皮膚常在菌に着目し、美肌菌の力で健康素肌に導くビオメディ。敏感になった肌をいたわるシンプルステップの最初は洗顔から。

洗顔後、肌の常在菌は洗い流されて元の数に戻るのに6〜10時間程度かかるそうですが、この段階で洗浄成分が肌に残っているとスキンフローラが整わず、肌荒れのもとに。

『エッセンスモイストソープ』(1,700円税抜)は洗浄成分が肌に残りにくく、スキンフローラの形成を邪魔しません。

加えて、栄養分の多いコメヌカ配合で汚れだけを取り除き、肌をしっとりすべすべに洗い上げます。肌が一段明るくなるような感じです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます