4月にはピカピカの小学1年生になる我が子に、あれこれと学用品を揃えるのは楽しいですよね。けれども、子どもが喜ぶからと言ってキャラクターが満載の筆箱や鉛筆を用意すると、肝心の勉強に集中できなくなってしまうことがあります。

『1人でできる子が育つ 「テキトー母さん」 のすすめ』の著者の立石美津子が道具をそろえるときのポイントについてお伝えします

鉛筆

鉛筆は黒板の文字を写したり、文字や計算をしたりするとき使います。疲れることなくスラスラ書けるものがよいです。ですから安価なものは避けましょう。

キッチン用品やメイク用品を割高な店で買うのではなく、100円ショップで買う人もいますが、鉛筆はたとえ100円ショップで買うとしても高いものにしましょう。

5本入り100円のものは子どもには書くとガリガリしてしまって書きにくいです。

三菱ユニやトンボのMONO鉛筆は一本100円くらいしますがとても書きやすいです。「たかが鉛筆に100円!」と感じるかもしれませんが、150円の自販機のペットボトルよりも安いです。

ウーロン茶は一気に飲んでしまうとあっという間になくなりますが、鉛筆は半年から1年間はもちます。月に換算すれば月額10円にも満たないです。そう考えると安くありませんか。

芯は力をあまり入れなくても書ける2Bや3Bがベストです。

消しゴム

動物や車の形をした面白消しゴム、イチゴやレモンやカレーの匂いがする香り消しゴムはうまく消すことが出来ません。

消すことにより文字が汚くなり学習意欲減退になります。また、授業に集中できず気が散ってしまいます。消しゴムはよく消える白いシンプルなものを選びましょう。

筆箱

漫画が書いてあったり、あちらこちらが開いて飛び出したりするタイプのものは、学校で勉強するとき子どもの集中を邪魔する原因になったりします。

今はコロナ感染防止のため行われていませんが、授業参観に行ったら、子どもが黒板を見ないで筆箱のあちこちを開けたり閉めたりしている状態になっているかもしれません。

周りのお友達も気になってしまいます。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます