実力派アニソンユニットが魅せる! fhanaとfripSideが見せた圧巻のステージ

"バンド"らしく、若干の場内転換の時間を挟んでステージに登場したのは……fhana! (正式表記は最初の"a"の上にアクセント) ライヴも最早、終盤だというのに、一切テンションが衰えぬオーディエンスに向けて放ったファーストナンバーの『ムーンリバー』から、ステージの上にfhanaの豊かな音楽世界が繰り広げられます。

towanaさんの声と美しいメロディは、さいたまスーパーアリーナに映えに映え、この曲のドラマティックな曲調が、更なるエネルギーと迫力を持って客席へと届けられます。舞台上の演出も極々シンプルに抑えられており、それが却って、fhanaというバンドの実力と凄みを強調しているかのようです。

最新シングルとなる『Hello!My World!!』でも、そのハイクオリティな音楽性と歌唱力をフルに活かしての直球勝負。エモーショナルなメロディとtowanaさんの歌声が聴く者の心を震わせ、目頭を熱くさせる。

と、ここで一転して、「メイド喫茶で楽器隊の男性メンバー3人が集まり、fhanaは誕生した」というファンにはお馴染みの結成当時のエピソードがtowanaさんと佐藤さんから語られます。

©Animelo Summer Live 2017/MAGES.

「メイド」というキーワードにピンときた会場からは大きな歓声が……! そう、この流れからラストに披露されたのは、『小林さんちのメイドラゴン』の主題歌『青空のラプソディ』です!

先程までのステージから一転し、舞台の上にはメイドさんが登場。towanaさんもメイド服へと衣装チェンジを行い、ダンサーを率いてのエンターテインメント性に溢れた、かつ華やかなステージングが繰り広げられます。

男性メンバーも加わってのダンスで、華やかかつ陽性のステージが観る者に圧倒的な多幸感を与える中、気が付けば、舞台上にはi☆Risやスフィアの姿も! その高い音楽のクオリティは勿論のこと、最後は、目にも楽しいパフォーマンスでアニサマ終盤の盛り上がりを更に加速してくれました。

そして、2日目のトリを務めたのは、やはりfripSide! 「天誅ガールズ」に"変身"したLuce Twinkle Wink☆のメンバーをバックダンサーに迎えての『black bullet』でいきなり会場内に電子音による爆音の渦を巻き起こすと、2曲目の『The end of escape』では、angelaとのスペシャルコラボが再び実現。

©Animelo Summer Live 2017/MAGES.

南條さんと並び立つatsukoさん。ふたりのヴォーカリストが揃い踏みしたフォトジェニックな光景は、そのビジュアル面だけでも色気十分。そこに加えて、両者の高い歌唱力が真っ向からぶつかり合うのですから、その迫力は言わずもがなです。

そして、再びfripSideのふたりによる独擅場が訪れます。ライヴで歌うのは、これが2回目だという『clockwork planet』を経て、ラストは、勿論『only my railgun』! fripSideにとって、そして、アニソンファンにとって、まさに"アンセム"である名曲を満場のオーディエンスに向けて撃ち放ちました。

©Animelo Summer Live 2017/MAGES.

同ユニットが、初めてアニサマの舞台に立った際に歌ったというこの曲。終演のその時まで、この"祭り"の場を盛り上げるべく、ウルトラオレンジの眩い光が観客席を照らし出します。最後の力を振り絞るかのように盛り上がる会場からは大合唱が巻き起こり、トリに相応しい美しさと熱量が焼き付けられたステージングとなりました。

バックナンバー