©あいだ夏波/集英社 マーガレットコミックス

「マーガレット」(集英社)で連載中、1月25日にコミックス第1巻が発売された『アナログドロップ』。自分大好きで男を手玉にとる悪女な女子高生・亜紅(あく)が過去の時代へタイムスリップしてしまい、現代に戻るために奮闘していくストーリーです。

今回は、コミックス発売を記念して、原作者のあいだ夏波先生へのインタビューを敢行。オンとオフでキャラを使い分けるパワフルな女子高生・仁香の活躍を描き大ヒットした『スイッチガール!!』、非モテ女子の恋をリアルに描いた『圏外プリンセス』など、王道の少女漫画とは一味違う個性的なヒロインたちを生み出している秘密に迫りました。

『圏外プリンセス』で描きたかった「モテない奴に市民権を!」

――『スイッチガール!!』終了後、あいだ先生が次にどんな作品を描くのかはファンのみなさんも注目していたと思うのですが、次に描かれたのは、外見にコンプレックスを持つ、「脇役顔」の非モテ女子の目黒美人(めぐろ・みと)を主人公にした『圏外プリンセス』。

ある意味、モテ要素を徹底排除した彼女のようなキャラクターを描こうと思われたのは、なぜでしょうか?

あいだ夏波(以下あいだ):少女漫画業界に来てからずっと思っていたことなんですが、主人公がみんなかわいいのが不満だったんです。

もちろん、『スイッチガール!!』の仁香のようにモテモテのカリスマという設定ならばわからなくはないのですが、「『モテない』『普通の子』『地味』設定のはずなのに、なぜ注目される展開になるんだろう? そんなに世の中うまく行かねーぞー!」と私自身のフラストレーションもたまっていて、「モテない奴の叫び」をどうしても描きたかったんです。

『スイッチガール!!』でも、お下劣なことなどいろいろやらせてもらいましたが、唯一描けなかったのがモテない子の心情だった。なので、前作でできなかったことをやりたい!とチャレンジしました。

見た目からして徹底した“非モテ”ヒロインとして登場した『圏外プリンセス』の美人 ©あいだ夏波/集英社 マーガレットコミックス

――『圏外プリンセス』は、まず中学生編で、美人がクラスメイトの国松に恋をするも失恋。ただ、国松との関係の中で成長して徐々にトラウマから解放され、高校生編では外見も内面も変わっていきますよね。この流れは、最初から想定されていたんですか?

あいだ:そうです。当時、編集部から「中学生編で告白して、そのままうまくいくのはどうか」と相談されたこともあったんですが、失恋を乗り越えていく姿をどうしても描きたかったので、そこはこだわらせてもらいました。

私自身も若干高校デビュー組だったんですが、場所が変わって付き合う人が変わると、その流れでボンと行ける、リセットすることができるというのを、どうしても描きたかったんです。

――高校生編では、美人の外見もかなりかわいくなっていますよね。

あいだ:美人の外見については、高校生になると世界が広がるので、その分見た目の変化も大きくなるかなと思って描きました。美人ではないけれど、「これを好きになることはないという顔でもギリギリない…」という感じにしたかったんです。

努力を重ねて高校入学時にぐっとかわいらしくなった美人 ©あいだ夏波/集英社マーガレットコミックス

――美人の恋の仕方も変わってきましたよね。中学生編では国松に感化されて変わっていく感じがありましたが、高校生編では、恋の相手の彼方が若干こじらせている男子だったからか、美人の方から彼の心に近づこうとするというか、より能動的に恋していた感じがしました。

あいだ:細かい設定を考えていたわけではなかったんですが、美人は、高校生になるまでに、トラウマやいろいろなものを乗り越えて、自分でがんばってきれいになろうとしていたので、それは変化していくだろうなと。徐々に山を登っていくようなイメージで、高校では、恋の相手が彼方だったというのもあり、今の彼女だったらもうちょっとできるんじゃないかという感じで描いていました。

中学生編で美人が恋したまっすぐで優しい天然男子・国松 ©あいだ夏波/集英社 マーガレットコミックス

――美人の恋の相手となった国松と彼方、連載中、人気があったのは、どちらでしょうか?

あいだ:たぶん、国松の方だったと思います。それは、自分の考えと読者さんの考えが意外とイコールではないんだなと思ったところですね。『マーガレット』読者層だと、国松のようにピンチのときに助けてくれる優しい天然な男の子が今は人気があるのかなと。

――『圏外プリンセス』連載中の反響はどんなものがありましたか?

あいだ:熱のあるメッセージが多かったです。少女漫画の読者さんは主人公と自分をイコールで考えることが多いですし、美人を自分に重ねて、「自分が中学生くらいのときがまさにそうだった。男の子に心ないことをいわれてトラウマになり、恋愛もできなくなっていたけれど、もう少しがんばろうと思って、こないだ彼氏ができました」という方もいましたね。

『スイッチガール!!』のときは、熱いのと同時に「笑った」というメッセージも多かったんですが、『圏外プリンセス』は、エンターテイメント感覚というより、「自分にも心当たりがある」と共感して読んでいる方が圧倒的に多かったように思います。

高校生編で美人の心を惑わせた小悪魔系?男子の彼方 ©あいだ夏波/集英社 マーガレットコミックス

――『圏外プリンセス』の連載を終えて、モテ・非モテなどについてはどんなふうに考えていらっしゃいますか?

あいだ:描き終わって考え方が変わったというのは、特になかったんですが、『圏外プリンセス』の連載を始めたころから、他にも少しずつモテない主人公の漫画が増えてきて、最近は、そういう主人公も認められてきているので、「モテない奴に市民権を!」というのが叶ったかなという気がしています。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます