オタクがアニメに影響されて富士山に登ってみた

2015.9.15 17:00

40代のオタクであるゴトウが、アニメ「ヤマノススメ」を見て富士登山に挑戦してきたようです。

ご無沙汰しております。慢性運動不足のアニメオタクおじさんのゴトウです。

 

さて、そんな慢性運動不足のアニメオタクおじさんである僕と、同じような境遇であるサカイさんが、女子校生登山アニメ「ヤマノススメ」に影響されて高尾山登山に挑戦したのが先月の話。

アニメオタクが、ヤマノススメを見て山登りしてきた
 

この時、妙にテンションが上がってしまいまして。ガラにもなく熱くなった挙句「登山というものの魅力に触れたような気がする。今はまだ未熟だが、これから色々な山に挑戦していき、身体を作り、そしていつの日か、富士山にも登ろうじゃないか!」みたいに話してたんすよ

 

その半月後


サカイ「おいゴトウ!来週に富士山行くぞ!宿が取れた!」

ゴトウ「えっ!もう!? 」


高尾山の後、色々な山にひとつも挑戦してないし、当然身体もぜんぜん作れてないよ!

まーしかし、取ってしまった宿をキャンセルするのももったいない。ヤマノススメでも富士山に挑戦してたし…いっちょ行きますかー!

 

というわけで一週間はあっという間に経過して、出発の日。

やや曇天の中、朝の6時半に新宿に集合しました。

 

富士山五合目行きのバスはキャンセル待ち状態と、なかなかの人気っぷりです。
我々は事前予約してあったチケットを発券して乗り込み、ひと眠りしながら3時間足らずで五合目まで到着。意外と近い!

 

ゴトウ「よっしゃー!富士山の半分を制覇!」

サカイ「単にバスに乗ってきただけだがな」

予報では降水確率50%だった天気にも何とか恵まれて、いい塩梅です。よーしそれでは、さっそく頂上に向かって出発ー!…と言いたいところですが、そういうわけにもいきません。

富士登山で一番恐れるべきは「高山病」です。アニメ「ヤマノススメ」でも、主人公が高山病にかかってしまっていました。

 

サカイ「高山病を軽く見てはいかん。酷い場合は頭痛吐き気悪寒などが激しくなり、とてもじゃないが登山を続行できるような状態ではなくなってしまう。かかってしまったら下山一択だ」

ゴトウ「怖いすね」

サカイ「対策としては、身体を徐々に高山に慣らしていくことが必要だ。この五合目で1時間ほど時間を潰すことで、低酸素、低気圧の状態に身体を慣らすことができる」

ゴトウ「なるほど」

サカイ「山に登るのに、登山用具さえ揃えれば良いというわけではない。体調を整えるというのも、いや、それこそが一番大事な準備と言えるかもしれん」

ゴトウ「分かります。一日、家に引きこもってアニメを見るぞと決めた時も、コーラだのポテチだのを揃えるだけでなく、寝転がって横ずれしないような体勢、体調の準備が不可欠ですからね」

サカイ「ぜんぜん違う」

 

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント