【キャンドゥ】携帯用コンパクトレインポンチョ
フォトギャラリー【使用イメージあり】バッグや自転車も濡れ防止!あると超便利な「キャンドゥのレイングッズ」
  • 【キャンドゥ】デイバックカバーの使用イメージ。使用可能サイズは奥行22cm×幅32cm×高さ45cm
  • 【キャンドゥ】デイバッグカバー
  • 【キャンドゥ】自転車前カゴカバー(PVCコーティング)の使用イメージ。奥行28cm×幅36cm×高さ32cmのサイズ内であればすっぽりと覆ってくれます。
  • 【キャンドゥ】自転車前カゴカバー(PVCコーティング)
  • 【キャンドゥ】携帯用レインポンチョを広げるとこのような感じに

本格的な梅雨入りの前にやっておきたいのが、レイングッズの確認。急な雨にも慌てないよう、傘やレインコート、レインブーツなど、雨の日に備えて対策アイテムを一通り揃えておきたいものです。

そこで、日常使いに便利なアイテムが手軽に揃う100円ショップ「キャンドゥ」にて、おすすめのレイングッズを見つけてきましたのでご紹介します。

梅雨時期に大助かり!キャンドゥの「お役立ちレイングッズ」

1:脅威の小ささ!「携帯用コンパクトレインポンチョ」

レイングッズの代表的なものが、レインコートやレインポンチョ。キャンドゥでは、大人用から子ども用まで、さまざまなサイズのレインコート・ポンチョが揃っています。

中でも、手のひらサイズという驚異的なコンパクトさを誇る使い捨てレインポンチョがこちら。

朝から雨が降っていれば、傘をさしたりレインコートを着て出かけて行くこともできますが、出かけたときは晴れていたのに外出先で急に雨が降るパターンは厄介ですよね。

そんなときのために携帯しておける、便利なレインポンチョです。

【キャンドゥ】携帯用レインポンチョを広げるとこのような感じに【キャンドゥ】携帯用レインポンチョを広げるとこのような感じに

大人用のフリーサイズで着丈は約96cm、幅約90cmとそれなりにしっかりしたサイズ感でありながら、小さくて軽いので、バッグにしのばせておいても邪魔になりません。

使い捨てなので、旅行やフェス、スポーツ観戦など野外でのイベントの際に持っておくといいかもしれませんね。

折りたたみ傘よりもさらにコンパクトなサイズ感なので、いざというときのために常備しておきたいアイテムです。

2:ドア前のスペースを有効活用「マグネット傘立て」

【キャンドゥ】マグネット傘立て

傘立てが玄関先で意外にスペースをとってしまう…と悩む方におすすめなのがこちらの傘立て。

上下で2つのパーツに分かれているマグネットタイプの傘立ては、ドアに貼り付けて使用することができ、省スペースです。

【キャンドゥ】マグネット傘立ての使用イメージ

耐荷重量が約1kgなので、1~2本立てるくらいがベスト。ただ、2本だとかなりギュウギュウなので、取り出す際に上のマグネットが取れたりズレたりすることも。

ドアを開けるときに必ず目に入るので、今は大丈夫だけど帰り時間には雨が降りそう……というとき、出がけに忘れることがなさそうなのも良いですよね。

3:壊れた傘を補修して長く使える「傘の修理セット」

【キャンドゥ】傘の修理セット

梅雨時期になんといっても必須のアイテムといえば傘ですが、ビニール傘など安物の傘はとにかく壊れやすいのがネック。

エコの観点からも、ちょっとしたパーツの破損や欠落程度ならササッと直して使い続けたいですよね。

そんなときに使える修理セットもキャンドゥで販売されています。

【キャンドゥ】傘の修理セット

こちらの修理セットに入っているのは、傘の先端=石突きを直すパーツ(A)、傘の骨を直すパーツ(B)、傘の先端=露先を直すパーツ(C)の3種類。

Aは1個、Bは2種類あり骨部分の修理パーツが2個、骨の接続部分の修理パーツが1個、Cは色、形違いで4種類2個ずつとなっています。

実際に修理する際には別途ラジオペンチ、ボンド、針、糸が必要になるのでご注意を。別売になりますが、すべてキャンドゥで揃えることができます。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます