僕の点数が5だとしたら、それを10で返せる仕事がしたい

撮影:奥田耕平

――ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』のヒットを経て、いろんな人たちが赤楚さんに注目するようになりました。この熱狂をどう受け止めていますか?

変わらないところは変わらないかもしれないですけど、でも日々変化していきたいとは思っています。

それは別に自分を取り巻く環境が変わったからとかそういうわけではなく、やっぱり僕はちゃんとしたカッコいい男になりたいので。そこに向かって常に変わっていきたい。それが変化なのか成長なのかわからないですけど。

――多くの人が赤楚さんに期待しています。それは喜びですか? それともプレッシャーですか?

両方ですね。うれしいですし、もちろんプレッシャーでもあります。たとえば僕がほんのちょっとしか出番がない役で出たときも、いろんな人が褒めてくれて。でもきっとこれから露出が増えれば増えるほど、ネガティブなことを言われることもあると思うんです。

でもそうやって言われるのには、僕にも理由があるだろうし。そこは直していこうと思う反面、そうやって自分の粗みたいなものを指摘されることに対しては怖さも感じています。

――そういうネガティブな声は、何かもう実感としてあるのでしょうか。

今はあんまりないです。それは、僕自身、そんなにネットを見ないというのもありますけど。ただ、もっと第一線で活躍されている方たちを見ると、そうなっていくんだろうなと。それは怖いけど、この仕事をやっている以上、それだけ言われる立場になりたいという気持ちもあります。

――今、赤楚さんのモチベーションになっているものは何ですか?

今言ったようなこともモチベーションになっていますが、いちばんは楽しんでくれる人がいること。やっぱり観てもらえないと寂しいですから。僕たちの仕事って観てくれる人がいてナンボの世界なんだというのは改めて実感しています。

――これからの赤楚さんの活躍を多くの人が楽しみにしています。

最近お仕事をいただける機会がすごく増えて。見てくださる方も増えて、すごくうれしいのと、でもやっぱりもっと頑張らなきゃいけないなって。まだまだ超えられない壁が自分の中であって。

その中で思うことは、ただなんとなくこなす人間にはなりたくないなって。この役を僕にいただけたのはなぜかということをちゃんと考える。

たとえば、キャスティングの段階では僕の点数を5だと思っていたとしたら、それを10で返すぐらいの仕事をやっていきたい。

自分らしい道はきっとあると思うし、自分にしかできないお芝居ができる俳優を目指して、これからもひとつひとつのお仕事を頑張りたいです。

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は8月13日全国ロードショー。

「ぴあ」アプリでは赤楚衛二さんのサイン入りポラを1名様にプレゼント!さらにアプリ限定の赤楚さんの写真も見られます。

赤楚衛二さんサイン入りチェキ
「ぴあWEB」更新情報が受け取れます