驚くほど素直で、直観力が働いている

「『葵上』『弱法師』-『近代能楽集』より-」取材会より中山美穂 撮影:内田涼

共演する中山に対して「たくさん助けられた。頼もしい方です」と感謝すると、中山は「そんなことないです」と恐縮し、「驚くほど素直で、直観力が働いている。(指示などを)自分の中でスマートに変換する姿に刺激を受けました」と回想。

2016年の「魔術」以来5年ぶりの舞台出演となり「稽古中は神宮寺さんとお話するというよりは、お芝居を通して『どう来るかな? ああこう来たか』という形でコミュニケーションをとった」と話していた。

「『葵上』『弱法師』-『近代能楽集』より-」取材会より宮田慶子 撮影:内田涼

これまでトークイベントやリーディング形式の上演で「近代能楽集」の作品を紐解いてきた宮田は、主演の神宮寺について「とにかく吸収が良くて、底なしのポテンシャルを持っている」と惚れ惚れ。

「難しい戯曲ですが、知的に論理的にアプローチしつつ、いざ演じるとすごく動物的勘も鋭くて、毎日が楽しかった。いろんな顔を隠し持っていて、掘れば掘るほど、いろんなものが出てきます」と俳優としてのさらなる飛躍に胸躍らせていた。

公演情報

「『葵上』『弱法師』-『近代能楽集』より-」
2021年11月8日(月)~28日(日)
東京都 東京グローブ座

2021年12月1日(水)~5日(日)
大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

作:三島由紀夫
演出:宮田慶子
出演:神宮寺勇太(King & Prince)、中山美穂 /篠塚勝、木村靖司、加藤忍、渋谷はるか、佐藤みゆき、金井菜々

「ぴあWEB」更新情報が受け取れます