それぞれ特徴のある「ポテト」は、どれも食べ飽きない美味しさ!
フォトギャラリー【画像15枚】“バーガー”大手3社の『Sサイズポテト』を徹底分析!!
  • 【ロッテリア フレンチフライポテト】控えめのサイズ感!
  • 【ロッテリア フレンチフライポテト】こんがりシュートリングのロッテリア
  • 【ロッテリア ふるポテ】今回は「うにバター」フレーバーをふりふり!
  • 【ロッテリア マクドナルド フライドポテト】同じシュートリング?
  • 【モスバーガー オニポテ】甘みのある玉ねぎがサイコー

ファストフードでは欠かせないもの、それは“フライドポテト”!

今回は、マクドナルド・モスバーガー・ロッテリアの、大手バーガーショップ3社でフライドポテトを食べ比べてみました。

形状・サイズ展開・価格・容量などを徹底比較し、3社のポテトをご紹介していきます。

※輸入遅延に伴う、一時的なメニューの変更や、販売制限がおこなわれることがあります。商品の販売状況は各社のホームページなどでご確認ください。

フォトギャラリー【飯テロ画像】これはウマい!「マクドナルド本気の朝食メニュー」の写真
  • 【マクドナルド 朝マック ビッグブレックファストデラックス(単品)】まるで海外の映画に出てきそうなボリューム感!
  • 【マクドナルド 朝マック ビッグブレックファストデラックス(単品)】バターとメープルシロップで華やかな朝食に
  • 【マクドナルド 朝マック ビッグブレックファストデラックス(単品)】デラックスタイプは大盛りスクランブルエッグ?
  • 【マクドナルド ミルク】+100円でミルクもおすすめ!
  • 【マクドナルド 朝マック ビッグブレックファスト(単品)】バケットにパティと卵を乗せて

フライドポテトの種類

【ファストフード フライドポテト】ポテトもいろいろ

3社を比較していく前にまずは、ファストフード店のポテトの種類にはどんなものがあるのかご紹介します。

まず、マクドナルド(以下マック)やロッテリアは、揚げる時間が短く、スタンダードな「シュートリング」という種類です。

ファストフード店以外にも、居酒屋などのポテトもこの種類が多く使われています。

モスバーガー(以下モス)のポテトの種類は、「レギュラーカット」。

ホクホク感が特徴で、ファミレスなどで提供していることも多い印象です。

マック・モス・ロッテリア3社のポテト実際に食べ比べ!

マクドナルドのベストセラーポテト

【マクドナルド フライドポテト】長〜いポテトの争奪戦

最初にご紹介するのは、「マックフライポテト」!

Sサイズですが、全部出してみると結構多く見えます。

サイズ展開・価格は以下のとおりです。

・Sサイズ:150円(税込)

・Mサイズ:280円(税込)

・Lサイズ:330円(税込)

内容量も計ってみました。

【マクドナルド フライドポテト】子どもにも丁度よいサイズ感!

マックのSポテトは77gと、幼児〜小学生までの子どもにも、ピッタリのサイズですね!

大人のおやつにも丁度よい大きさです。

【マクドナルド フライドポテト】冷めてもおいしい魔法のポテト

ポテトの形状は、お馴染みのシュートリングで、きれいなきつね色!

マックのポテトはなんといっても、やみつきになる食感と塩加減が魅力です。

冷めてもおいしく、手が止まりませんでした。不動のおいしさです。