ガッツリ食べたいときに最適な、コンビニのカルビ弁当
フォトギャラリー【画像】コンビニの「カルビ弁当」!個性を楽しむ4商品をもっと見る
  • ミニストップの「牛カルビ焼肉重」528円(税別)
  • 【ミニストップ「牛カルビ焼肉重」】カルビとご飯をリフトアップしたところ
  • ローソンの「ねぎ塩豚カルビ弁当(もち麦入りご飯)」398円(税別)
  • 【ローソン「ねぎ塩豚カルビ弁当(もち麦入りご飯)」】カルビとご飯をリフトアップしたところ
  • ファミリーマートの「特製ダレの炙り焼牛カルビ重」584円(税別)

焼肉メニューのうち、最もご飯に合うものは? と問われれば、まず「カルビ」を挙げる人は多いのではないでしょうか。

適度な脂身と濃厚な肉の旨みを感じられ、ご飯のおかずには申し分ないメニューです。

コンビニ各社のカルビ弁当群

コンビニ各社でも、このカルビ肉を、ご飯の上にドーンと乗せたカルビ弁当を展開しており、根強い人気があるようです。

他方、その価格は税別300円台〜500円台後半までとバラバラで、カルビ弁当の内容も、各社ともに個性が異なるようです。

ここでは、そんなカルビ弁当を、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップで食べ比べ。

各カルビ弁当の個性に迫りつつ、レビューしていきます。

フォトギャラリー【ギャラリー】すべての商品画像はこちら【おいしそう】
  • お弁当集合!その1。
  • お弁当集合!その2
  • 「ロースかつ重」
  • カナダ産三元豚使用。
  • 肉厚で美味しそう!

【セブン-イレブン】「炭火焼き牛カルビ弁当」550円(税別)

丁寧に焼かれたカルビ肉、複数のナムルがご飯の上にビッシリ!

セブン-イレブンの「炭火焼き牛カルビ弁当」550円(税別)

まずは、セブン-イレブンの「炭火焼き牛カルビ弁当」から食べていきます。

ご飯の上にドーンと乗せられたカルビの脇には、ナムルが乗せられ、見ているだけでヨダレが出てきますが、いただく前にそのスペックを見てみましょう。

<1包装あたり>

エネルギー:720kacl

たんぱく質:17.8g

脂質:19.4g

炭水化物:122.1g

糖質:115.0g

食物繊維:7.1g

食塩相当量:2.8g

<レンジ加熱目安>

500W:2分

1500W:40秒

【セブン-イレブン「炭火焼き牛カルビ弁当」】カルビとご飯をリフトアップしたところ

エネルギー=720kcalと、お昼でいただくことを考えた場合はかなり高めのカロリーです。

ただし、カルビ弁当を食べる人がカロリーを気にするケースはあまりなさそうですし、筆者もここはさほど気にせず、ガツンとした味を思う存分楽しみたいです。

というわけで蓋を開けていただきますが、どこにお箸を差すべきか迷うほど、カルビとナムルがビッシリ。

実に贅沢な見た目です。

さっそく肉とご飯を一緒にいただきましたが、肉の焼き加減がまず絶妙。

硬くなく、肉の柔らかい質感と旨味が口の中に広がります。

また、タレのコク、塩味、甘さも絶妙で、これがまたご飯が進む味付け。

この強いパンチに対し、ときどきナムルをいただくことで、さらに贅沢な味わいを楽しむことができました。

まさに、お箸が止まらなくなる絶品のカルビ弁当でした。

「うまい肉」更新情報が受け取れます